【J1採点&寸評】浦和0-0札幌|クリーンシート達成の両GKがハイパフォーマンス!MOMはどっち?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月18日

札幌――攻撃陣は結果を残せず…

札幌は菅が左サイドからチャンスを創出。切れ味のいいドリブルが浦和の脅威となった。写真:徳原隆元

画像を見る

MF
9 金子拓郎 6

前半にゴールポスト直撃のシュートがあったが、ループシュートを狙った場面は落ち着きを欠いた。結果が欲しいゲームだった。

14 駒井善成 5.5(77分OUT)
古巣対決。ボールを受けるところまでは良かったが、ラストパスなどフィニッシュに関わるプレーの精度を欠いたのが残念。

FW
11 アンデルソン・ロペス 6

相手を背中で抑え込んでキープできることはチームを助けた。彼にボールが入る時の連動した動きがもう1つ欲しかった。
 
交代出場
DF
50 岡村大八 -(87分IN)

短い時間だが右ストッパーに。オプションになり得ることを指揮官も認めた。
 
MF
28 青木亮太 -(81分IN)

決勝点を奪うための交代だったが、もう少し時間が欲しかったか。

6 高嶺朋樹 -(78分IN)
ラストパスを狙うシーンはあったものの、「これ」という場面は作り出せず。

監督
ペトロヴィッチ 5.5 

5バックで固められるも、それを崩してこそ「ミシャ・サッカー」と言える。負傷者が多いとはいえ、1週間の準備期間で少しでもコンビネーションを高めたかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「ワンチャンス決められて良かった」C大阪、坂元達裕の鮮烈な決勝ゴラッソで3連勝!
【セルジオ越後】大久保の爆発も3点取らないと負けるようでは…。川崎は安定しているが懸念材料は三笘か
日本代表、国内組のベスト布陣を探ってみた。欧州組の招集が不透明な状況で日韓戦のピッチに立つのは…
森保ジャパン、国内組“最強メンバー”は? モンゴル戦も考えれば冒険的な選考にはならないだろう
【J1】首位川崎はドローで6連勝ならず…5連勝の名古屋が勝点1差で肉薄! 3位鳥栖は5戦連続無失点で柏を撃破

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ