【J1採点&寸評】仙台1-5川崎|エース小林が4ゴールに絡む大活躍! 移籍後初弾のアタッカーもMOM級の働き

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2021年03月06日

川崎――MOMは2ゴールの小林!終始相手の脅威に

FW
19 遠野大弥 7(72分OUT
鋭い縦への突破を再三見せた。小林のシュートのはね返りを押し込み、川崎移籍後初ゴールを挙げ、大きな成果を残した。

16 長谷川竜也 6(72分OUT
得意のドリブル突破から決定機に絡み、2点目の遠野のゴールの起点となった。もっと自らが積極的に得点を狙っても良かった。

MAN OF THE MATCH
11 小林 悠 7.5
前半から相手の脅威となり続け、仙台のDFを何度もかわして2ゴールを挙げ、試合の流れを決定づけた。後半は旗手のダメ押し弾をアシストし、計4得点に絡む大活躍だった。
 
交代出場
MF
3 塚川孝輝 5.5(HT IN
投入直後はファウルで相手にセットプレーの決定機を与えることもあったが、徐々に試合に慣れると、正確なパスから攻撃へ展開できるようになっていった。

MF
41 家長昭博 6(72分IN
ゴールに絡むことはなかったが、それでもボールをしっかりキープし、仙台に傾きかけた流れを引き戻した。

MF
18 三笘 薫 6(72分IN
スピードに乗った突破からゴールに迫るシーンもあったが、大量リードという状況もあり、決定機には絡めず。

DF
5 谷口彰悟 ―(83分IN
守備を落ち着かせるための投入。大きなピンチを招くこともなく、最少失点で試合を終えた。

MF
8 脇坂泰斗 ―(90分IN
出場時間が非常に短かったこともあり、ほとんどボールに触らずに試合を終えた。

監督
鬼木 達 6.5
アウェーでの復興応援試合という難しいシチュエーションながら、出場機会の少なかった選手の競争心をうまく煽り、前半から攻め立てて試合の流れを決めたのは見事だった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●小林健志(フリーライター)

【動画】遠野大弥が敵地で移籍後初ゴール! 川崎が大量5発で仙台を下す

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ