衝撃のクオリティ! 川崎の全3得点に絡んだ家長昭博がマークした“驚愕のスタッツ”とは?「完璧、唯一の選手」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月04日

2ゴールを奪った開幕戦に続いて…

セレッソ戦でクオリティの高さを見せつけた家長。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ACLのスケジュールの関係上、3月3日に前倒しで開催されたJ1リーグの第11節で、川崎フロンターレはホームにセレッソ大阪を迎え、3-2と逆転勝利を収めた。

 元川崎の大久保嘉人の2発で二度に渡ってリードを奪われた王者だが、いずれもレアンドロ・ダミアンのゴールで追いつくと、2-2で迎えた62分にそのブラジル人FWとのワンツーから抜け出した三笘薫が落ち着いてネットを揺らして、決着をつけた。

 この試合で驚愕のスタッツをマークしたのが、川崎の奪った全3ゴールの起点となったのがMF家長昭博だ。

【関連動画】家長が絡んだ川崎の圧巻3ゴールはこちら
 データ会社『Opta』によれば、この日のパス成功率はなんと「100%」。47本(うち敵陣で39本)のパスを全て通したという。

 『Opta』は、家長について、「2015年以降のJ1の試合で、敵陣パス数25本以上を記録しつつ、同成功率100%を複数回記録している唯一の選手(3試合目)。パーフェクション!」と伝えている。

 2ゴールを奪った開幕戦に続いて、クオリティの高さを存分に見せつけた家長。フィールドプレーヤーではチーム最年長となった34歳は、今シーズンも健在だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J1第11節PHOTO】川崎3-2C大阪|大久保渾身の2ゴールも、L・ダミアンと三笘が圧巻のプレーを披露!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ