【J1採点&寸評】仙台1-5川崎|エース小林が4ゴールに絡む大活躍! 移籍後初弾のアタッカーもMOM級の働き

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2021年03月06日

仙台――関口が無念の負傷交代

MF
20 マルティノス 5
前半はトップ下に入ったが、チームが守勢に回り、決定機を作り出すことができなかった。後半は1トップに入り、何度か決定機はあったがゴールを決めきれなかった。

7 関口訓充 5.5(26分OUT
復興応援試合という一戦の重みを理解し、立ち上がりから攻守に活動量多く戦ったが、23分の旗手との接触プレーで左足を負傷。無念の前半途中での交代となった。

FW
15 西村拓真 5(HT OUT
ようやく登録となり公式戦初出場だったが、前線でボールを収めることができず、攻撃の起点となれなかった。前線からの守備でも物足りなさがあった。
 
交代出場
MF
14 石原崇兆 5(26分IN
前半途中、急遽関口の代わりに右サイドハーフに入ったが、試合にうまく入れず攻守で精彩を欠いた。後半の立ち上がりはいくつか決定機に絡んだが、もっとシュートまで持ち込みたかった。

MF
8 松下佳貴 5.5(HT IN
後半開始からピッチに入ると、中盤を落ち着かせていくつかの決定機を演出した。それでももっとゴールの近くまで迫ったり、ミドルシュートを狙ったりといったプレーも欲しかった。

DF
25 真瀬拓海 5.5(HT IN
ピッチに入った直後は積極的なドリブル突破から決定機も作り出した。しかし時間が経つにつれ、守勢に回り存在感が薄れてしまった。

DF
13 平岡康裕 5.5(HT IN
ベテランらしく守備を落ち着かせたが、試合終盤に川崎の主力が入ってくると、全体の押し上げが難しくなった。

MF
26 加藤千尋 ―(83分IN
リーグでのデビュー戦。短い時間ながらゴールに近づく場面もあったが、決定機を創出することはできなかった。

監督
手倉森誠 5
後半の攻守の修正は的確だったが、前半が悪過ぎた。広島戦のような守備での粘り強さを示せず大量失点。連戦でのコンディション調整の苦しさも理解はできるが、先発メンバーを機能させられなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ