川崎が小林悠の2ゴールなど、敵地で5発快勝! 仙台を圧倒し開幕3連勝で王者の貫禄を示す!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月06日

遠野はこぼれ球を決めてJ1初ゴール

エース小林が2ゴールで開幕3連勝に貢献。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは、3月6日に第2節の8試合を各地で開催。ユアテックスタジアム仙台では、ベガルタ仙台と川崎フロンターレの一戦が行なわれ、ゴールラッシュで魅せた川崎が5-1の快勝を飾った。

 仙台にとって、東日本大震災からまもなく10年目となる2021年のホーム開幕戦。仙台は出場停止となっているシマオ・マテに代わってセンターバックにアピアタウィア久を起用。一方川崎は前の試合から6名を入れ替え、山村和也、橘田健人、遠野大弥らがスタメンに名を連ねた。

 立ち上がりから正確なパス回しで相手を押し込む川崎は12分、右サイドの崩しから田中碧がグラウンダーのクロスを供給。これを、ゴール前に走り込んだ小林悠が右足のひざで押し込み、幸先よく先制点を奪う。

 さらに25分にも追加点。長谷川竜也の左サイドからのクロスに小林がヘッドで合わせると、ポストに直撃。このはね返りを拾った遠野が、ペナルティエリア右から左足で落ち着いて逆サイドネットに沈める。遠野はこれがJ1初ゴールに。

 川崎は33分にも相手のオウンゴールで得点を重ね、39分にもショートカウンターから小林が追加点。前半だけで大量4ゴールを挙げた。
 
 後半の立ち上がりは、仙台がカウンターからロングボールで相手ゴールに迫る。51分にはマルティノスがペナルティエリア中央にて、フリーでシュートを放つもチョン・ソンリョンに防がれる。それでも58分には、マルティノスのシュートのこぼれ球を上原力也が押し込み、移籍後初ゴールを挙げる。しかし、一矢報いたものの、その後は態勢を整えた相手のペースに。

 川崎は72分に三笘薫と家長昭博の強力な2選手を両サイドに投入。終盤にかけて勢いを取り戻すと、80分にはカウンターから三笘が持ち上がり、ラストパスを受けた家長が強烈なシュートを放つなど、ふたりで好機を演出する。

 すると83分にも、自らドリブルでゴール前に持ち込んだ旗手怜央の5点目が決まり、川崎が5得点の圧勝。敵地で勝点3を得て、開幕3連勝を飾った。

 次戦は3月10日、仙台はアウェーでサガン鳥栖と、川崎はホームで徳島ヴォルティスと第3節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】遠野大弥がJ1初ゴール! 5発圧勝で川崎が3連勝を飾る!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ