【J1採点&寸評】札幌5-1清水|急遽出場で2得点のA・ロペスがMOM!高精度なFK披露のレフティも高評価

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月22日

清水――チームが機能していなかったわけではない

試合開始早々、見事なコントロールシュートでゴールを奪ったファン・ソッコ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

FW
14 後藤優介 5(HT OUT
カルリーニョスとの距離感を意識していた様子だが、彼が引いた際に効果的なアクションを起こせなかった。

10 カルリーニョス・ジュニオ 6(79分 OUT
力強いドリブルで相手守備陣を引き付けていた。惜しい場面の一歩手前が多く、崩し切れなかった。
 
交代出場
FW
37
 鈴木唯人 5.5HT IN
ボールに関与して好機を演出するプレーが期待されていたはずだが、なかなかそういった形を作ることができず。

MF
28 西村恭史 5(69分 IN
投入された時点ではすでに点差をつけられており、流れを作り直すのは難しかっただろう。

FW
23 ティーラシン・デーンダー 5.569IN
前線で身体を張ってなんとか状況を打破したいところではあったが、結果としてはうまく攻撃に絡めなかった。

MF
13 宮本航汰 ―(79IN
相手が勢いづいたなかでの出場ということもあって、なんとか前への圧力を強めようにも、なかなか効果的にはならず。

30 金子翔太 ―(79IN
献身的に走り回ってボールに関与し、できるだけ攻撃回数を増やしたかったが、うまく周囲と連動ができなかった。

監督
平岡宏章 5
試合の入りが良かっただけに、4点差の敗戦は悔しい結果だろう。ただし、相手の個でやられた場面も多かっただけに、チームが機能していなかったわけではない。
   
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ