• トップ
  • ニュース一覧
  • J1数クラブが争奪戦を繰り広げた大学サッカー界屈指の点取り屋、鹿屋体育大・藤本一輝が大分入団内定を掴むまで

J1数クラブが争奪戦を繰り広げた大学サッカー界屈指の点取り屋、鹿屋体育大・藤本一輝が大分入団内定を掴むまで

カテゴリ:大学

安藤隆人

2020年06月24日

「トリニータには僕のような攻撃的な選手がたくさんいて、かなり層が厚いことは理解していました」

鹿屋体育大では10番を背負う藤本(前列右端)。今季も特別指定選手として大分での活躍が期待される。写真:安藤隆人

画像を見る

 点を取るためのドリブルから、仲間の特性を引き出すためのドリブル、そして最終的には自分が生きるドリブルへと昇華させることができた。もちろん勝負すべき時は本能剥き出しで仕掛けるドリブルもできる。

「僕の後ろは1ボランチなので、守備面でもより貢献しないといけなくて、運動量は間違いなく増えました。守備をしないことで有名だった僕が、今ではボールを奪う回数がチームでナンバーワンの試合もある。もともと球際は攻撃面では得意だったので、それを守備面に置き換えてやることで、すごく楽しいなと感じるようになりました。それに昔の走行距離を見たら8kmだったけど、シャドーになってから10km、11kmを超えている。それも自分の成長にもつながっていると思います」

 身体操作の強化とトップ下という新境地。膝の大怪我をきっかけに彼の才能は一気に開花をした。そして昨年の夏に古巣の鳥栖から練習参加のオファーが届くと、秋に練習参加をして、今年のキャンプにも参加。正式オファーが届いた。

「かつて自分がいた鳥栖からオファーをいただけたことは本当に嬉しかったし、光栄なことだったのですが、他のチームにも参加して決めたいと思っていたので、3月に声をかけていただいたトリニータの練習に参加をしました。そこで大分のサッカーが鹿屋体育大のサッカーに似ていて、ボールを大事にしながら攻守の切り替えのところで相手ありきではなく、自分たちありきのサッカーができると思ったんです」

 片野坂知宏監督のサッカーに大きな魅力を感じた彼に、大分から正式なオファーが届いた。
「トリニータには僕のような攻撃的な選手がたくさんいて、かなり層が厚いことは理解していました。でも、僕はFW、トップ下、ウィングバックもこなせる自信があるし、ボランチも鹿屋体育大で鍛えられたことでこなすことができる。4つのポジションをこなせる選手は少ないと感じましたし、そういう評価をいただくことができた。ここで勝負がしたいと思えたのでトリニータに決めました」

 エゴが前面に出過ぎていた過去から脱却し、チーム戦術や役割に対応しながら我を出せることがプロで戦う上での武器になった。そして、それをトリニータで発揮する覚悟を決めた。最後に彼はこう決意を口にした。

「『サッカーの楽しさ=ゴールを奪うこと』だったのが、周りを生かし、生かされながら、みんなで崩していく楽しさが生まれて、その過程で奪ったゴールは大きな価値がある。大分では献身的な守備、攻撃への関わりを意識しながらも、2桁得点を狙っていきたいです。これは来年の目標じゃなくて、今年の目標。プロ0年目として今年が勝負だと思っていますし、『来年からでいいや』と悠長なことを言っていられる世界ではないと思います。それこそ今から勝負は始まっていますし、特別指定だからではなく、プロとして他の選手と真っ向から勝負していきたいと思います」

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)
【関連記事】
2020・21年J1入団内定の大学生プレーヤー15選!来季即戦力候補の今季の活躍ぶりは?
【J1選手輩出数 大学別ランキングTOP10】昨季3冠の名門・明治大は1位タイ。同率トップの大学は?
番記者が選ぶ、平成の大分トリニータベスト11! "ミスター・トリニータ"の高松大樹、アカデミー出身者は西川周作、清武弘嗣を選出
【J再開後の注目株|大分】全国的に無名だった長谷川雄志。“無印良品”のパスは一級品だ
大分が鹿屋体育大のFW藤本一輝の来季加入内定&特別指定承認を発表!昨年の天皇杯3回戦で対戦

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ