• トップ
  • ニュース一覧
  • 【連載・東京2020】立田悠悟/前編「『あいつらはみんな命懸けだった』サッカー観を変えた恩師の問いかけ」

【連載・東京2020】立田悠悟/前編「『あいつらはみんな命懸けだった』サッカー観を変えた恩師の問いかけ」

カテゴリ:日本代表

前島芳雄

2019年12月30日

「エスパルスの選手になったんだなと実感が湧いてきた」

小学校時代から地元・清水でプレーし続けてきた立田。そのキャリアを振り返る。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

――ジュニアユースのセレクションに受かる自信はありましたか?
「いえ、自信はなかったです。僕は県トレセンにも入っていなかったので。同期の望月陸(現・順天堂大)とか佐野皓平(現・法政大)は小学生の頃から有名で、僕はそういうトップレベルの選手の後ろについていくだけでした」

――中学時代もそのふたりは目立つ存在でした。
「メチャクチャすごかったですよ。でも僕も負けたくないという気持ちはあったので、自分なりに頑張っていました。彼らに必死についていきながら練習したことが自分の成長につながったと思います」
 
――無事にジュニアユースに入れて、当時の想いは?
「目標にしてきたところなので、まずは本当に嬉しかったですね。やっぱりオレンジのユニホームをもらえた時は、エスパルスの選手になったんだなと実感がわ湧いてきたし、エスパルスの歴史を知って、いろんな話を聞いてこれから頑張ろうって思えました。ただチームには初対面の人が多くて、かなり緊張していました。人見知りだったので(笑)。知らない人とサッカーをやるというのも新鮮でしたけどね」

――そこでプロを意識するようになった?
「いやあ……まだ中学の頃はそんなに考えてなかったです。いろいろ自覚するのが遅いほうでしたね」

───◆───◆───

 1月6日にお届けする中編では、ジュニアユース時代からユース昇格までを深堀り。身体が急成長したからこその苦悩、悔しさなどを話してもらっている。
 
PROFILE
立田悠悟/たつた・ゆうご/1998年6月21日生まれ、静岡県出身。191㌢・81㌔。入江SSS―清水クラブSS―清水Jrユース―清水ユース―清水。清水ユース出身の長身センターバック。2017年12月の森保ジャパン発足時からコンスタントにメンバー入りし、2018年のアジア大会では準優勝に貢献した。2019年5月のコパ・アメリカではA代表デビューも果たしている。
 
取材・文●前島芳雄(スポーツライター)
【関連記事】
【東京五輪世代の最新序列】久保も堂安も安泰ではない…2019年に熾烈化したポジションは?
来年1月開催のU-23アジア選手権のメンバーが発表に!欧州組からただ一人の参戦は…
【連載・東京2020】大迫敬介/前編「広島ユースは理想郷だった。高校サッカーの選択肢もあったけど…」
【連載・東京2020】杉岡大暉/前編「正直もう戻りたくない高校生活。入学当初に抱えていたコンプレックスは…」
【連載・東京2020】旗手怜央/前編「大学屈指のアタッカーはいかに育ったのか。名門”静学”を選んだ理由」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ