【連載・東京2020】旗手怜央/前編「大学屈指のアタッカーはいかに育ったのか。名門”静学”を選んだ理由」

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年07月08日

「ゲームより、身体を動かすほうが好きだった」

順天堂大でエースを担い、世代別代表でも活躍する。大学界屈指のアタッカーはどんなキャリアを歩んできたのか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2020年に開催される東京五輪。本連載では、活躍が期待される注目株の生い立ちや本大会への想いに迫る。
 
 4回目は、力強いドリブルと豪快なシュートが持ち味の、大学屈指のアタッカー旗手怜央が登場。
 
 三重県の強豪チームFC四日市で小学、中学時代を過ごし、高校では名門・静岡学園へと越境入学する。
 
 そして順天堂大へと進学後、世代別の代表にも選ばれ、メキメキとその頭角を現わしてきた。来年には川崎フロンターレへの加入が内定している。大学サッカーの枠を飛び越えて活躍する21歳はどんなサッカー人生を歩んできたのか。前編では、好奇心旺盛だった幼少期から、静岡学園に入学するまでに迫る。実力者が集まる名門校・静学でアピールできた要因は――。
 
───◆───◆───
 
――サッカーを始めたきっかけは?
「これといったきっかけはなく、気づいたら始めていましたね。元々身体を動かすのが好きだったんですよね。野球をやっていた父親の影響もあって、幼稚園の頃から、サッカーだけでなく、よくキャッチボールもしていました」
 
――本格的にクラブに入ってサッカーに取り組んだのは?
「小3でした」
 
――野球ではなくサッカーを選んだのはなぜ?
「当時の友だちがみんなサッカーをしていたからです。その流れに乗った感じです。でもサッカーのクラブに入ってからも野球はやっていました。土日にサッカーの練習、平日は野球、みたいな」
 
――かつて高校野球で活躍したお父さん(旗手浩二氏/PL学園で甲子園に出場。84年には夏冬連続で準優勝を果たした)にとっては、複雑な心境だったのでは?
「もしかしたら野球をやってほしかったのかもしれないですね。でも今はすごく応援してくれていますよ」
 
――当時、何か言われたりは?
「いえ、特に。普通にサッカーをやらせてくれました」
 
――サッカーと野球を両立させるのは大変だったのでは?
「そんなことないです。遊びでやっていただけだし、なにより楽しかったですから。流行りのテレビゲームはなんか好きになれなくて、身体を動かすほうが好きだった。サッカー、野球、鬼ごっことか、毎日外で遊んでいましたね」
 
【関連記事】
【連載・東京2020】遠藤渓太/前編「中学時代は『△』評価も、気がつけば“敵なし状態”に」
【連載・東京2020】岩崎悠人/前編「知られざる幼少期の物語。なぜ、一度離れた故郷に戻る道を選んだのか」
【新連載・東京2020】小川航基/前編「怪物FW誕生秘話。名門校で頭角を現わすまでの道程」
6月の国際大会で躍動した若手有望株たち――久保建英に続くブレイクスルーが望まれる東京五輪世代のFWは?
冨安健洋、板倉滉に続く欧州組も誕生! 東京五輪世代DFのクラブでの現在地をチェック!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ