【J1採点&寸評】札幌0-1C大阪|序盤で圧巻のクオリティを発揮した桜のエースを最高評価!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月19日

C大阪――序盤の攻勢から見事な堅守逃げ切り

MF
11 ソウザ 6(85分OUT)
ビルドアップへの関与から持ち運び、フリーランニングなど、攻撃面での特徴を随所で見せて貢献。

25 奥埜博亮 5.5(80分OUT)
この日はどちらかというと前線で待つ局面が多く、本来のハードワークがなかなか目に見えて発揮されなかった。

MAN OF THE MATCH
FW
8 柿谷曜一朗 6.5
立ち上がりに見せたフィニッシュの精度はさすがと言うしかない。その後の時間帯はミスもあったが、献身的にプレーし続けた。

20 ブルーノ・メンデス 5.5(63分OUT)
相変わらずのアグレッシブなプレースタイルで存在感を示した。ただし、全体のパフォーマンスはいまひとつ。負傷で退いた。

交代出場
FW
18 鈴木考司 5.5(63分IN)
負傷したブルーノ・メンデスに代わって出場。カウンターから相手を脅かしたかったが、切れ味を欠いた。

MF
32 田中亜斗夢 6(80分IN)
相手に押し込まれる展開のなかでもまったく動じることなく、守から攻へのリンク役をしっかりと果たしていた。

DF
15 瀬古歩夢 6(85分IN)
試合終盤に逃げ切り態勢を構築するために中盤に投入された。期待通りのプレーで相手の攻撃を封じ仕事を果たした。

監督
ロティーナ 6.5
試合の入りが素晴らしく、序盤に圧倒。先制点も奪い、その後は持ち前の堅守を生かして見事に敵地で快勝した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ