上田綺世がPK獲得&同点弾!首位・鹿島は松本の堅守を崩しきれず1-1のドロー決着!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月18日

松本が9分に幸先良く先制するも…

今季4点目となる同点ゴールを決めた上田。写真:滝川敏之

画像を見る

  代表ウィークが明け、2週間ぶりの再開となったJ1リーグは、10月18日に29節の3試合を各地で開催。サンプロ・アルウィンで行なわれた、松本山雅FCと鹿島アントラーズの一戦は、1-1の痛み分けとなった。
 
 J2自動降格圏脱出を目指す17位・松本は、前々節から敷いている攻撃的な3-5-2システムをふたたび採用。一方、主力4名が負傷で離脱中の首位・鹿島は、若手のFW上田綺世やMF名古新太郎を先発で起用した。
 
 試合は、開始直後から杉本太郎が遠い位置から力強いシュートを放つなど、松本が積極的に攻勢に出る。
 
 すると10分、右CKのこぼれ球に反応した高橋諒がペナルティーエリア手前中央からグラウンダーのシュートを放つと、ゴール前で構えていた永井龍がコースを変えて、ネットを揺らす。松本が幸先よく先制する。
 
 その後もホームチームは、敵陣までしっかりとボールを繋ぎ、最終ラインの裏を狙うなど、優位に試合を進めていたが、36分に前線で効いていたセルジーニョが接触で負傷し、交代を余儀なくされてしまう。
 
 結局このままスコアは変わらず、松本の1点リードで前半を折り返した。
 後半に入り、徐々に本来のリズムを取り戻した鹿島は58分に、ペナルティエリア内での競り合いで上田綺世が相手DFに倒され、PKを獲得する。自らキッカーを務めた上田がゴール右に落ち着いて決めて同点に追いつく。上田は今季4点目に。
 
 前半とは打って変わって主導権を握る鹿島が、サイドから攻め上がる松本に対し落ち着いた守備対応でボールを奪うと、ゆっくりとしたビルドアップで相手を押し込む。終盤は長い時間、敵陣深くでプレーするも、最後まで得点は生まれず、1-1のドロー決着となった。
 
 次節は11月2日に、松本はアウェーでC大阪と、鹿島はホームで浦和と対戦する。

【松本 1-1 鹿島 PHOTO】上田綺世が同点弾!首位鹿島は松本の堅守を崩しきれずドロー決着! 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ