【連載・東京2020】杉岡大暉/後編「ただの監督ではない。曺さんに言われると自然と自信が」

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年09月13日

「メンバーに入るのは狭き門だと思うけど」

U-21代表ではコンスタントに招集される。しかし定位置を築いても、慢心はない。写真:徳丸篤史

画像を見る

――今、長友佑都選手以降、あまりサイドバックが出てきていない。杉岡選手が候補だという声はすごくあります。
「それは耳にしますけど、僕自身はまだまだだと思っています。でも逆に言えば、そういってもらえるのはチャンスだと思うし、すごくプレッシャーに感じなくもない。やらなきゃいけないなし、期待に応えたい」
 
――来年の東京五輪、そしてその後の代表についてビジョンはありますか?
「五輪代表だけじゃなく、A代表にも選ばれたいというのは、コパ・アメリカにいって、さらに強くなりました。五輪代表で満足していてはいけないという想いが今はあります」
 
――それを実現させるためには、何が必要?
「分かりやすいのは、チームを勝たせるプレー。チームが上位にいかないと呼ばれる可能性は低いですから。個人どうこうよりも、まずチームを勝たせられれば、自然と自分の評価も上がっていく。まずはそこが大事かなと」
 
――チームを勝たせるというのは、具体的には?
「ゴールやアシストといった目に見える結果もそうですけど、僕はそんな攻撃的でもないし、派手な選手ではないので、まずは守備を安定させたり、上下動を繰り返したりして、チームに欠かせない存在になりたい」

――では、今後の意気込みをお願いします。
「まずは来年の東京五輪で結果を残す。注目度の高い大会ですし、なにより自国開催だから負けられない。参加メンバーに入るのは狭き門だと思うけど、そこに出場することがA代表にもつながるし、その先のサッカー人生に大きな影響を及ぼすはずです」

――本当に狭き門ですが、杉岡選手のメンバー入りは固いのでは? 不安はあるのですか?
「もちろんです。今はレギュラーでも、やっぱりその時に旬な選手が大会には出るべきだと思う。なので、その時期になるまで選ばれるという確信は持てない。今、僕らの世代はみんな試合に出ていますし、気は抜けません」


PROFILE
杉岡大暉/すぎおか・だいき/1998年9月8日生まれ、東京都出身。182㌢・75㌔。レジスタFC―FC東京U-15深川―市立船橋高―湘南。超エリート校・市立船橋高で研鑽を積み、3年次にはキャプテンを担うと、インターハイで日本一に輝く。湘南でスタートさせたプロキャリアでは、ルーキーイヤーにJ2制覇、翌年にルヴァンカップ優勝を経験。今年6月に開催されたコパ・アメリカでは初めてA代表に選出された。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ