【連載・東京2020】杉岡大暉/後編「ただの監督ではない。曺さんに言われると自然と自信が」

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年09月13日

「本気の南米と戦える舞台は、すごく刺激になった」

ルヴァンカップ決勝では強烈なミドルシュートを叩き込み、チームを優勝に導く。大会MVPを受賞した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

――他方で、原輝綺選手(現サガン鳥栖)や、高宇洋選手(現レノファ山口FC)、そして湘南で同僚の金子大毅選手も活躍しています。高校時代のチームメイトの活躍も刺激にはなるのでは?
「そうですね。どちらかと言えば高校時代が原のほうが世代別の代表に選ばれることが多かったし、そういう意味で、これまでずっと満足せずにこれたのは、ライバルであり良い仲間がいたからです。恵まれていますよ、僕は」
 
――今でも連絡は取りますか?
「原とは試合が近くなると。高とは結構いろんな話をします」
 
――どんな話をしますか?
「チームの雰囲気やプレーについてですね。結構お互いの試合を見ることがあって、その感想をたまに電話で伝えたり。みんなで切磋琢磨できています」
 
――プロとしての理想は?
「なんですかね。まだハッキリと分からないです。でも今は本当に楽しいですし、充実した日々を送れているのは間違いないです」
 
――コパ・アメリカで初めてA代表に選出された時は、どんな心境でした?
「東京五輪の世代が中心のメンバーでしたけど、A代表はA代表ですから嬉しかったですね。なによりコパ・アメリカという本気の南米と戦える舞台に立てたのは、すごく刺激になりました」
 
 
――やはり違いましたか?
「向こうのホームということで、スタジアムの雰囲気はものすごかったし、誇りをかけて戦ってきた。やはり重圧を感じました」

――プレー面では、どこに凄さを感じた?
「寄せが早いから、イメージがないとボールを持っていられない。守備でも、リアクションでやっていてはいけないなと感じました。駆け引きをしてもっと自分から取りにいかないと、簡単にボールを収められてしまったり、ドリブルで抜かれてしまったりするので」

――ただ、やっていて楽しさもあったのでは?
「そうですね。このレベルなのかと身をもって感じられましたし、何人かいたA代表の常連選手からもすごく学ぶものもありました」

――ポジション的には1列前に中島選手がいました。一緒にプレーしてみてどうでしたか?
「簡単に『上手い』と言ったら、それまでなんですけど、必ず相手を1枚は剥がせるし、やっぱり違いを作れる選手だなと」

――A代表の選手から感じ取ったものは?
「プレーのアベレージがすごく高いんです。できないことが少ない。それに加えて特長を持っている。このレベルにならなければ、A代表で残っていけないんだなと、分かりました」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ