【連載・東京2020】岩崎悠人/後編「京都発、札幌経由、東京行き――。4年に1度の祭典に懸ける想い」

カテゴリ:日本代表

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2019年05月14日

誰もが憧れる自国開催の大舞台。掲げる目標は東京五輪出場とA代表入り

U-22代表では3-4-2-1のシャドーを主に務める。ただ、このポジションには最も人材が揃う激戦区だ。写真:早草紀子

画像を見る

――メンバー選考がスタートしているなかで、東京五輪への想いを教えてください。
東京五輪への思いは本当に強い。まずはメンバーに入らないといけない。なので、まずは札幌で試合に出ないといけないですね。東京五輪は自国開催なので誰もが憧れる大会。誰にでもチャンスがあるので、掴み取りたいですね。
 
――東京五輪は目標でもあるとともに、今後に繋げる上でも重要な大会です。
そうですね。本当に(堂安)律や冨安(健洋)もA代表で活躍をしています。そういう意味では結果を出して、A代表に入っている状況が当たり前の状況にしないといけない。
 
――最後に東京五輪出場への決意を聞かせてください。
数少ない活動の中で目に見える結果を残すことが大事。まずはメンバーに入ることが大事なので、チームでしっかりと活動したい。今は試合に出られていない状況なので、毎日の練習を全力でやっていきたいです。
 
――U-20ワールドカップでは敗退後に、光と影という言葉で得点する側とアシストする側の話をしていました。ゴールへの想いは今も変わっていないですか?
そうですね。得点で自分を示したい。貪欲にゴールに向かうプレーをしたいですね。

───◆───◆───
PROFILE
岩崎悠人/いわさき・ゆうと/1998年6月11日生まれ、滋賀県出身。172㌢・69㌔。金城JFC―JFAアカデミー福島U-15―彦根中央中―京都橘高―京都―札幌。J1通算4試合・0得点(5月14日時点)。J2通算68試合・3得点。京都橘高では1年次から活躍。同年には選手権ベスト8を経験した。卒業後は京都に加入。1年目からレギュラーとして活躍し、プロ3年目を迎えた今季から札幌でプレーをしている。世代別代表の常連であり、2017年のU-20ワールドカップにも出場。20年の東京五輪でも活躍が期待される有望株だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ