【J1採点&寸評】横浜2-1仙台|横浜のE・ジュニオと喜田が最高点の「7」。MOMは…

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年03月02日

仙台――石原はPKで一矢報いるも…

長沢(38番)は高さを武器に前線の起点となろうとしたが、横浜守備陣の堅い守りの前に沈黙した。写真:滝川敏之

画像を見る

MF
4 蜂須賀孝治 5.5
右サイドでの起点作りで奮闘を見せる。出して、走って、を実直に繰り返した。
 
7 関口訓充 5(81分OUT)
推進力あるドリブルで打開を試みる。しかし、狙い通りの仕掛けは繰り出せず。
 
FW
11 石原直樹 5.5
終了間際に自ら奪ったPKを決める。ただ全体的には攻守両面で中途半端な印象。
 
38 長沢 駿 5(61分OUT)
FWにとっては厳しい展開。横浜DF陣のタイトな守備に終始、苦しめられた。
 
途中出場
MF
10 梁 勇基 5.5(61分IN)
経験に裏打ちされた振る舞いでチームを落ち着かせる。だが流れは引き寄せられず。
 
FW
19 ジャーメイン良 5(61分IN)
昨季、横浜相手に5戦4発の相性の良さを活かせず。敵の堅守を崩せなかった。
 
FW
20 阿部拓馬 ―(81分IN)
前線でプレーも脅威を与えられなかった。出場時間が15分未満のため採点なし。
 
監督
渡邉 晋 5
守備優先の戦術は奏功せず。リードを奪われた後に効果的な策を打てなかった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ