【岩本輝雄】今季のベガルタは手強い集団に――ふたりの新戦力がもたらす確かな上積み

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2019年02月27日

CF長沢は攻撃陣の不可欠なキーマンに

長沢は前線の基準点として、その存在感は際立っていた。写真:早草紀子

画像を見る

 ホームのユアスタで迎えた今季開幕戦で、ベガルタは勝利を飾ることはできなかった。スコアは0-0のスコアレスドロー。とはいえ、優勝候補のレッズ相手から勝点1を取れたのは、悪くない結果だと思う。
 
 ポジティブな要素として、新戦力が機能していたことだ。まずはCFの長沢。改めて、彼の“高さ”は大きな武器になると感じた。空中戦の競り合いで抜群の強さを発揮。前線の基準点として、その存在感は際立っていた。もっとシンプルに長沢に預けてもいいと思ったし、長沢本人も「もっとクロスが欲しい」と言っていた。
 
 長沢をダミーに使ってもいいだろう。長沢が裏を狙う動きを見せれば、相手のラインを下げることになり、中盤にスペースが生まれる。そこに石原とか2シャドーが上手く入り込めれば、攻撃の選択肢が増えるし、厚みも生まれる。
 
“戦術・長沢”は言い過ぎかもしれないけど、この長身FWはそれだけの可能性を示していたと思う。決定的なシーンもふたつぐらいあったし、攻撃陣の不可欠なキーマンとして、今後も高い貢献が期待できそうだ。

【仙台 0-0 浦和 PHOTO】互いに攻め込むも決め手を欠き痛み分け

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ