【横浜】三好康児、E・ジュニオら新戦力が輝く! 個のアップグレードが攻撃サッカーの進化の鍵に

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2019年02月25日

天野は「康児は中央でのアイデアを持っている」と評価

 誤解を恐れずに言えば、横浜は“変わっていなかった”。
 
 ネガティブな意味ではない。新チーム始動から日の浅い開幕戦の時点で、すでに昨季終盤に演じていたサッカーに追いついているのだから、ポジティブな驚きと言っていい。
 
 開幕スタメンには新加入選手が5人いた。レンタルバックの高野も含めて、フィールドプレーヤーの半数が今季から加わった選手なのだから、完成度や成熟度という点で不安が先行するのは当たり前の話だろう。
 
 しかし心配は杞憂に終わった。自陣からショートパスをつなぐビルドアップは不変。いずれも新加入の両サイドバックは昨季同様、インサイド寄りにポジションを取って相手を困惑させた。前線に進出してからは、仲川とマルコス・ジュニオールが起点となってスピードアップ。開始1分に喫した失点は誤算だったが、前半のうちに3点を奪い返した攻撃力は相変わらずリーグ屈指だ。
 
 白星を手にしたポステコグルー監督は「今日の11人だけではなく、自分がやろうとしているサッカーをできる選手が揃っている」と胸を張る。新加入選手が早々にフィットし、チームとしてスタイルを体現できることをこの一戦で証明した。
 
 そして維持だけでなく、進化の兆しも見て取れた。アップグレードの内訳は“個”にある。
 
 例えば、天野とともにインサイドハーフとしてプレーした三好は、決勝ゴール以外にも眩いばかりの存在感を放った。特筆すべきは前を向く意識の高さだ。「自分がボールを受けたら常に前を向く意識でやっている。そこからはパスでもドリブルでも出せる」と自信をのぞかせるプレーで幾度となく局面を打開。昨季との違いと三好がもたらす効果について天野は「去年はサイド攻撃一辺倒だったけど、今年は中盤でのコンビネーションとバリエーションが増えた。(三好)康児は中央でのアイデアを持っている」と分析し、さらなる可能性を感じさせた。
 
 あるいは3トップ中央で先発し、巧みな抜け出しとチップキックでゴールネットを揺らしたエジガル・ジュニオも昨季はなかった武器を持っている。G大阪戦で見せた安定したポストプレーと献身的な守備は、攻守両面でチームを助けるファクターになるだろう。主導権を握れない展開でも重宝する存在になるかもしれない。
 
 個の上積みはチームに間違いなくプラスをもたらす。アタッキングフットボール2年目での完成を目指し、横浜が勝利とともに次への一歩を踏み出した。
 
取材・文●藤井雅彦(ジャーナリスト)

【G大阪 2-3 横浜FM PHOTO】横浜が圧巻の3得点で2年ぶりの開幕勝利!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月3日発売
    欧州サッカー
    「衝撃の新世代」
    次代にスターを追え!
    4大リーグ序盤戦点検も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ