【J1採点&寸評】川崎5-3神戸|MOMはPKでエースを勇気づけたレフティ!! イニエスタは勝利の意思を示したが…

カテゴリ:Jリーグ

江藤高志

2018年10月21日

神戸――ファインゴールの古橋はサイドにポジションを変えた後は消えがちに

前半は再三攻撃にアクセントを加えるプレーを見せたイニエスタだが、後半はあまりプレーに絡めなかった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

古橋は鮮やかなミドルシュートで一時逆転となるゴールを決めた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

FW
10 ルーカス・ポドルスキ 5.5
序盤こそタイミングを見たプレスをかけたが、長続きせず。強烈なシュートを放つ場面も見られたがゴールにはならなかった。体力の落ちた試合終盤にいかに効果的に動くのかが課題。
 
16 古橋亨梧 6
序盤はウェリントンとのコンビで効果的な攻撃を仕掛けた。また28分の逆転ゴールは見事だった。ただ、サイドにポジションを代えたあとは消えがちとなった。
 
17 ウェリントン 6
ロングボールのターゲットとして機能。押し込まれた状況を打開するきっかけとなった。ただシュートは1本も打てず得点の部分では貢献できず。
 
交代出場
DF
39 伊野波雅彦 5.5(71分IN)
齋藤学に手こずりはじめた後半途中からピッチに立ち、右サイドバックとしてハードな守備を仕掛けた。
 
DF
5 アフメド・ヤセル 5(76分IN)
5失点後に登場。CBの位置に入り主導権を握られる展開のなか、守備に奔走した。出場時間中は無失点だった。
 
FW
33 大槻周平 −(90分IN)
2点差をつけられた状況のなか、アディショナルタイムでの登場となったが、チームの流れも悪くほぼ何もできず。
 
監督
フアン・マヌエル・リージョ 4.5
2点差を追いつかれた試合運びはまずい。守備組織の構築が間に合っておらず、川崎にいいように回された。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文:江藤高志(川崎フットボールアディクト編集長)
 
【関連記事】
「バルサ風のゴール」も決めた川崎を名手イニエスタと名将リージョはどう評した?
「うーん、イニエスタみてた」中村憲剛の愛息が帰りの車内で衝撃の告白!
イニエスタの「守備の個人戦術」が神戸を安定飛行させる鍵?
違いは一目瞭然! 首位・川崎のパス関連データがあまりにも驚異的!!
「100%でやりたかった…」イニエスタが4試合ぶり先発も本音を吐露

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ