「100%でやりたかった…」イニエスタが4試合ぶり先発も本音を吐露

カテゴリ:Jリーグ

白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト)

2018年10月20日

まだコンディションは上がり切っていない。

川崎戦でフル出場したイニエスタ。写真:サッカーダイジェスト写真部

画像を見る

[J1リーグ30節]川崎5-3神戸/10月20日/等々力
 
 4試合ぶりに先発出場したアンドレス・イニエスタだが、ヴィッセル神戸を勝利には導けなかった。
 
 元スペイン代表MFには、ファン・マヌエル・リ―ジョ新監督が掲げるパスサッカーの中心軸として大きな期待がかかった。実際、インサイドハーフの位置から後ろに下がって組み立てを担い、持ち前のテクニックとプレービジョンを発揮。1点目のオウンゴール、2点目の古橋亨梧の得点は、いずれもイニエスタが起点となって生まれたものだ。
 
 しかし、神戸は時間とともに間延びして志向する前からのプレスがかからなくなり、川崎フロンターレにボールと主導権を奪われると、3-5で悔しい逆転負けを喫した。イニエスタは試合後にはこう吐露している。
 
「チームとしては65分、70分までは良い試合ができていた。これはポジティブだと思う。しかし、また負けてしまったという結果がある。今日足りなかったことを、チームとして改善していくしかない。個人としては、もっと(コンディション的に)100%に近い形でプレーしたかった。今度はまた2週間あくので、次は良い状態でチームに貢献できるんじゃないかなと思う」
 
 イニエスタが時間とともにボールに触れる機会と追いかける機会が減り、存在感を失っていったのは、やはりコンディション的に万全ではなかったからのようだ。
 
 この日の敗北で神戸は12位まで順位が下がり、降格圏まで勝点4差と危険水域まできている。11月3日の31節で名古屋と対戦する神戸の鍵が、イニエスタのコンディションにあるのは間違いないだろう。
 
取材・文:白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ