【J1採点&寸評】川崎5-3神戸|MOMはPKでエースを勇気づけたレフティ!! イニエスタは勝利の意思を示したが…

カテゴリ:Jリーグ

江藤高志

2018年10月21日

川崎――3失点後にフォーメーションを変更、逆転勝利を掴む

【警告】川崎=なし 神戸=三田(71分)、大崎(88分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】家長昭博(川崎)

画像を見る

 [J1リーグ30節]川崎5-3神戸/10月20日/等々力
 
【チーム採点・寸評】
川崎 7.5
序盤から神戸のプレスを外し、ほぼ試合を通してペースを掴み続けた。今季最多の3失点を喫したが、1点目は不運なOGで、2点目、3点目は寄せの甘さがあるにせよ、ファインゴールでやむを得ないもの。それよりも3失点後にフォーメーションを組み換え、逆転勝利した勝負強さを讃えたい。


【川崎|採点・寸評】
GK
1 チョン・ソンリョン 6
失点は3点とも厳しいものだったが、1失点目についてはコミュニケーションが取れていれば防げていたかもしれない。ボールを保持するパス回しにも入れておりその点は良かった。
 
DF
18 エウシーニョ 6.5
攻撃面で違いを見せ、ダメ押し点を決めた。ただ、守備面では橋本にクロスを上げさせる場面が続いたのが気になるところ。OGになったクリアは力任せで不用意だった。
 
3 奈良竜樹 6
高さのある相手に対しクロス対応はしっかりしていた。ただ3失点目につながる突破を許したスライディングの軽さは気になった。
 
5 谷口彰悟 6.5
前線からの守備につながる最終ラインのコントロールは悪くなかった。シュートがうまかったが、2失点目の場面はもう少し厳しく身体を寄せられていれば違った結果になっていたかもしれない。
 
2 登里享平 6.5
積極的な攻撃参加で神戸の守備を圧迫。PKを奪った場面などはよくゴール前に入り込んでいた。気になるのは3失点目の対応。もう少し身体を寄せたかった。
 
MF
10 大島僚太 7(86分OUT)
逆転ゴールとなった4点目の連係は見事。自身が前に出るプレーで怖さを出す。家長の得点をアシストしたクロスや、エウシーニョに出した5点目のパスなど2アシスト。少々縦パスにズレが見えたのが気になった。
 
14 中村憲剛 7
ボランチにポジションを下げてプレー。長短のパスを織り交ぜて神戸を攻略した。攻守で試合を締めた。
 
【関連記事】
「バルサ風のゴール」も決めた川崎を名手イニエスタと名将リージョはどう評した?
「うーん、イニエスタみてた」中村憲剛の愛息が帰りの車内で衝撃の告白!
イニエスタの「守備の個人戦術」が神戸を安定飛行させる鍵?
違いは一目瞭然! 首位・川崎のパス関連データがあまりにも驚異的!!
「100%でやりたかった…」イニエスタが4試合ぶり先発も本音を吐露

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ