【J1採点&寸評】川崎5-3神戸|MOMはPKでエースを勇気づけたレフティ!! イニエスタは勝利の意思を示したが…

カテゴリ:Jリーグ

江藤高志

2018年10月21日

川崎――小林はひとりで神戸以上のシュートを放つ

家長は1得点・1アシストの活躍。結果とともに、PKキッカーの小林に配慮する気遣いも見せていた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

MF
41 家長昭博 8
PKを蹴る小林悠を励まし、エースにゴールをもたらした。3失点後にトップ下にポジションを変え、追撃弾となる2点目を手にしてチームを勢い付けた。その後齋藤学の得点をアシストし、4点目の起点となった。
 
37 齋藤 学 7(81分OUT)
自らを追い込んで迎えた勝負の試合で同点ゴールを決める。仕掛けて決めた移籍後初ゴールは見事だった。ゴール後に見せた質の高いプレーを90分間続けてほしいところ。
 
FW
20 知念 慶 7(87分OUT)
ゴールこそ無かったが、守備のスイッチを入れ続け、ポストプレーで攻撃の起点となった。死力を尽くし、チームの逆転勝利に貢献した。
 
11 小林 悠 7.5
2本連続で外してきたPKを決めて悪循環を断ち切る。また大島僚太が決めた4点目をアシスト。見事なゴールだった。一人で放った7本のシュートは神戸のシュート数を1本上回る数字。
 
交代出場
MF
16 長谷川竜也 −(81分IN)
見せ場は終了間際の家長とのパス交換からの左足ループシュート。しかし、クロスバーを越えてチャンスを逸してしまった。
 
MF
22 下田北斗 −(86分 IN)
大島との交代でボランチに入ったが、神戸に付け入る隙を与えず、ゲームを終わらせた。
 
MF
27 鈴木雄斗 −(87分 IN)
後方とのバランスを図りつつ、きっちりと神戸の中盤に圧力をかけて守備を安定させた。
 
監督
鬼木 達 7.5
3失点後、フォーメーション変更によってチームを立て直す。主力3選手が出られない状態でも、イニエスタを擁する神戸を相手に5得点できるチーム作りは見事。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【PHOTO】川崎サポーターにも衝撃!イニエスタの異次元プレー

【PHOTO】DJ KOOも飛び入り!川崎のかぶり物祭り!!           

【PHOTO】え・が・お・が・キュート!大島僚太!!

【PHOTO】中村憲剛の華麗なパスシーンも。激闘を物語る数々の名場面
 
【関連記事】
「バルサ風のゴール」も決めた川崎を名手イニエスタと名将リージョはどう評した?
「うーん、イニエスタみてた」中村憲剛の愛息が帰りの車内で衝撃の告白!
イニエスタの「守備の個人戦術」が神戸を安定飛行させる鍵?
違いは一目瞭然! 首位・川崎のパス関連データがあまりにも驚異的!!
「100%でやりたかった…」イニエスタが4試合ぶり先発も本音を吐露

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ