【J1採点&寸評】横浜 1-2 浦和|中盤の健闘が光った浦和が決定力不足の横浜に競り勝つ

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年09月16日

浦和――古巣相手にマルティノスは本領を発揮できず

青木のお膳立てから武藤(9番)がGKとの1対1を制し、勝利の立役者に。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

MAN OF THE MATCH
FW
9 武藤雄樹 6.5
序盤からシュートへの高い意識を見せる。79分に青木のパスに抜け出して、飯倉との1対1を落ち着いて制し、価値ある決勝点を挙げた。
 
11 マルティノス 5(HT OUT)
古巣相手に9試合ぶりの出場。カウンターで何度か抜け出したが、上手く抜ききれず。前半のみのプレーでピッチを退いた。
 
30 興梠慎三 6
9分、60分の絶好機は相手GKの好守に阻まれる。とはいえ随所に熟練のテクニックを披露し、相手の脅威に。守備面の貢献度も高かった。
 
交代出場
DF
26 荻原拓也 6(HT IN)
左シャドーに入る。確かなテクニックで局面の打開を試みる。84分にはカウンターから強烈なシュートを放った。
 
DF
14 平川忠亮 5.5(66分IN)
失点の場面では、走り込んできた遠藤をストップできず。守備に終われる時間が長く、攻撃面でも良さを出せなかった。
 
MF
22 阿部勇樹 ―(83分IN)
短い出場時間のなか、中盤でソツのないプレーを披露。ボールのないところでも手を抜かずに走り、クローザー役を全うした。
 
ヘッドコーチ
大槻 毅 6.5
前節に続き、ベンチ入り停止処分のオリヴェイラ監督に代わって指揮。チームの勢いを落とさせない交代策で勝利を呼び込んだ。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
 
【関連記事】
浦和が横浜を下して4試合ぶりの勝点3!武藤雄樹の今季2点目が決勝点に
【浦和】どれだけ“ブサイク”でも――失いかけていたものを取り戻す勝点3だった
【横浜】「そうやってみんな強くなっていく」“日本代表”天野純の並々ならぬ決意
浦和のオリヴェイラ監督が主審を痛烈批判「名古屋にはジョーだけでなく、ニシムラという良いFWがいた」
浦和「46番」のサクセスストーリーにあやかって――20歳・伊藤涼太郎がレンタル移籍先の水戸で急成長を遂げたワケ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ