【J1採点&寸評】横浜 1-2 浦和|中盤の健闘が光った浦和が決定力不足の横浜に競り勝つ

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年09月16日

浦和――青木はパーフェクトなパスで決勝点をアシスト

【警告】横浜=ドゥシャン(25分)、天野(35分)、シノヅカ(40分)、大津(49分) 浦和=青木(33分)、マウリシオ(90+1分)
【退場】横浜=なし 浦和=なし
【MAN OF THE MATCH】武藤雄樹(浦和)

画像を見る

[J1・26節]横浜 1-2 浦和/9月16日/日産ス
 
【チーム採点・寸評】
浦和 6.5
相手のポゼッションに対し、受けに回る形となったが、ワンチャンスをモノにして先制に成功。その後、追いつかれはしたが、シンプルな崩しで2点目を奪う。チーム全体で粘り強い守備を最後まで見せ、敵地で貴重な勝点3を手にした。
 
【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
前半は味方の懸命な守備もあり、ゼロで抑える。69分のH・ヴィエイラに決められたシュートはノーチャンスも、82分には決まってもおかしくない伊藤のヘッドをファインセーブ。
 
DF
31 岩波拓也 6.5
20分には遠藤の決定的なシュートをゴール前で必死のブロック。狙いを定めたボール奪取も効いていた。
 
2 マウリシオ 6
H・ヴィエイラにかわされて失点を許す。それでも、終盤の相手の猛攻を、身体を張って撥ね返す。ワンステップでサイドにつけるロングパスも見事だった。
 
5 槙野智章 6
サイドに引き出されても冷静なディフェンスで相手の攻撃を阻止。攻守のバランスとチーム状態を見極めたポジショニングも的確だった。
 
MF
27 橋岡大樹 5.5(66分OUT)
対峙する遠藤をケア。求められる守備のタスクはほぼ完璧にこなしていただけに、攻撃面の迫力不足は致し方なしか。
 
15 長澤和輝 6(83分OUT)
身を挺したシュートブロックなど、ミドルゾーンでの守備力を高める働きぶり。青木との距離感も良く、パスも正確に捌いた。
 
16 青木拓矢 6.5
球際で激しく対応。そして79分、前を走る武藤にパーフェクトなパスを通して、チームを勝利に導くゴールをアシスト。
 
3 宇賀神友弥 6.5
FKのこぼれ球を拾い、狙いましたミドルで先制ゴールを突き刺す。攻守の素早い切り替えで、守備面でも及第点以上の出来。
 
【関連記事】
浦和が横浜を下して4試合ぶりの勝点3!武藤雄樹の今季2点目が決勝点に
【浦和】どれだけ“ブサイク”でも――失いかけていたものを取り戻す勝点3だった
【横浜】「そうやってみんな強くなっていく」“日本代表”天野純の並々ならぬ決意
浦和のオリヴェイラ監督が主審を痛烈批判「名古屋にはジョーだけでなく、ニシムラという良いFWがいた」
浦和「46番」のサクセスストーリーにあやかって――20歳・伊藤涼太郎がレンタル移籍先の水戸で急成長を遂げたワケ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ