【現地紙インタビュー】バルサGKテア・シュテーゲン「俺にとって完璧主義と向上心は同義語なのさ」

カテゴリ:メガクラブ

エル・パイス紙

2017年12月30日

いまのチームには家族のような強い結束力がある。

いまのバルサには「家族の結束を感じる」という。第2GKのシレッセン(左)とも良好な関係を築いている。(C)Getty Images

画像を見る

――自分が現役最高のキーパーだという自負はあるかい?

「チームの現状については満足しているけど、自分の話をするのは正直苦手でね。最高のプレーをする、そのためには向上心を失わずにつねにサッカーのことを考えて生活し、最善の準備をする。これからもチームの成功のために自分にできることを精一杯やっていきたいね」

――じゃあ、いまの自分には満足している?

「うん、満足感はあるよ。でも俺のキャリアは、まだまだこれからだ。とてもじゃないけど、いまの時点ですべてに満足することはできない。きっとそれが明らかになるのは、現役を引退してからだよ」

――バルサの快進撃の要因として、コンパクトネスが高まったことを挙げる識者が多いようだけど、君も同じ考えかな?

「よくその類の意見を耳にするよ。いまのチームには家族のような強い結束力があって、その中にバルベルデ監督が新しい要素を持ち込んだ。ビルバオの監督として長年バルサと対戦してきた経験から、どこを改善すればいいのか彼は理解していたらしい。監督のそうした的確な手腕が後押しになって守備力が向上し、好成績にも繋がっている」

――(第2GKの)ヤスパー・シレッセンとも良好な関係を築けているみたいだね。

「うん、お互いをリスペクトし合い、良い関係を築けている。ヤスパーも出番を得た試合では好パフォーマンスを見せている。彼のような名手が後に控えてくれているのはとても心強いよ」

――君も入団後の最初の2年間は、クラウディオ・ブラーボ(現マンチェスター・シティ)の控えとしてベンチを温める試合が続いた。シレッセンのいまの心境は理解できるんじゃない?

「状況が似ていたとしても、人それぞれ考え方は違う。だから、彼の心の中まではわからない。ただ俺は、サッカー選手は試合に出てナンボだと思っているし、出場機会が少ないと感じたら、環境を変えることを選択肢に入れるのはプロとして当然のことだと考えている。ヤスパーが現状に不満を持っているのは間違いない。でもそうした難しい状況に直面していながらも、彼は俺に対し、チームメイトとしてリスペクトを持って接してくれている。とても感謝しているよ」


インタビュアー●ジョルディ・キシャーノ(エル・パイス紙/バルセロナ番記者)
翻訳:下村正幸
※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ