• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】柏×G大阪|迫力の肉弾戦はG大阪に軍配。MOMは巧みな駆け引きで2得点を決めた長身FW

【J1採点&寸評】柏×G大阪|迫力の肉弾戦はG大阪に軍配。MOMは巧みな駆け引きで2得点を決めた長身FW

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2017年03月05日

G大阪――2得点の長沢は文句なしのマン・オブ・ザ・マッチだ。

相手の守備陣を手玉にとる駆け引きの巧さが光った長沢。クロスに合わせるシュートセンスも見事だった。写真:田中研治

画像を見る

FW
9 アデミウソン 7(87分OUT)
カウンター時に独力でシュートまで運ぶ抜群の推進力と技巧で脅威となった。相手に焦りを生み、自身で獲得したPKを冷静に沈めきっちりゴールも奪った。
 
20 長沢 駿 7.5(90+4分OUT)
MAN OF THE MATCH
7分に藤春のクロスからヘディングで先制点を奪うと、61分には初瀬からのパスを左足で合わせネットを揺らした。相手との駆け引きのうまさが際立つ2得点で文句なしのマン・オブ・ザ・マッチに。
 
交代出場
MF
38 堂安 律 ―(87分 IN)
プレー時間は少なかったものの、89分の果敢なドリブルや中盤で相手のプレスをものともしないボディバランスなど、随所に能力の高さを見せた。
 
DF
22 オ・ジェソク ―(88分IN)
見せ場はあまりなかったが、バランスを崩すことなく相手の攻撃をシャットアウト。危なげなく試合を終わらせた。
 
FW
37 髙木彰人 -(90+4分IN)
終盤に殊勲者の長沢と代わり途中出場。J1デビューを果たす。わずかな時間だったが成長につながる貴重な経験を得た。
 
監督
長谷川健太 6
連戦が続くなかでもターンオーバーをせず、今野やアデミウソンらを起用。選手の頑張りに助けられた部分も大きいが、結局はその采配が勝点3獲得につながった。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【関連記事】
【セルジオ越後】柴崎に見る海外移籍の難しさ。欧州に行けば良いってもんじゃない
【J1速報】G大阪が鬼門・日立台で快勝! 長沢はハリル御前試合で2ゴール
【柏】脇役にも主役にもなれる――武富孝介のポジショニングの妙
【G大阪|緊急提言】遠藤の酷使で黄信号!? 4-4-2への回帰を視野に入れるべし
【G大阪】惨敗に危機感を募らせる倉田。「こういうサッカーは目指していない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ