【柏】脇役にも主役にもなれる――武富孝介のポジショニングの妙

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2017年02月26日

「自分は空いたところに入っていければ良い」

多彩な動き出しで攻撃を活性化させた武富。途中出場ながら2ゴールに絡む活躍を見せた。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[J1リーグ開幕戦]鳥栖1-3柏/2月25日(土)/ベアスタ
 
 鳥栖との開幕戦、柏は3ゴールを奪って敵地で勝点3を獲得し、幸先の良いスタートを切った。この試合で勝利の原動力となったのが武富孝介だ。
 
 1-1で迎えた60分。試合がどちらに転んでもおかしくない時間帯で、柏の下平隆宏監督が交代に動く。2トップの一角に入っていたR・ロペスに代わって武富を投入。この交代策が勝利をグッと引き寄せた。
 
「前半はうまくパスが回っていなかったけど、前線の選手たちのパワーは、後半に絶対生きてくるし、うまく使っていこうと思った」
 
 そう意識してピッチに入った武富は、巧みなポジショニングを見せる。2トップでコンビを組むD・オリヴェイラが最前線に張ると、武富は中盤まで落ちたり、サイドに開いたりと気の利いた位置取りで相方のブラジル人FWの行動スペースを提供。さらに自身は積極的にパスを引き出し、停滞気味だった攻撃にテンポを生み出した。
 
 また、自身が「間にスルスルと入っていった」という得点に絡む動きも見逃せなかった。74分には、相手が目を離した隙を逃さずマークを外し、伊東のクロスに反応。鋭い動きでファウルを誘い逆転弾となるPKを獲得する。

 さらに78分には、左サイドのクリスティアーノからのクロスに抜け出し、鮮やかなヘディングでダメ押しゴールを奪取。30分という短い出場時間だったが、チームの勝利に欠かせない見事な働きぶりだった。
 
「練習中でも一緒に組むことも多いので、クリス、ディエゴ、ハモンがどこにランニングしたいのかというのは把握しているつもり。パワーのある選手にその力を使ってもらいながらも、自分は空いたところに入っていければ良い」
 
 脇役を演じつつも隙を逃さずに自らも主役になれる動きは実に秀逸だ。今季から背番号がひと桁の8番を着け「責任感が増した」と語り、先週の20日には第2子となる男の子が生まれた。公私ともに充実の一途を辿る敏腕アタッカーの動きから目が離せない。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
【関連記事】
【広島】新エース・工藤の言葉から探る、新生トライアングルの「現在地」と「可能性」
【J1採点&寸評】鳥栖×柏|クリスティアーノが殊勲の1得点・1アシスト。鳥栖の新加入MFを高く評価
【J1】鳥栖指揮官「納得のいかないエピソードがあった」柏決勝弾は疑惑のPK!?
【神戸】得意の左足でひと仕事した田中順也。CKから先制点に絡んだ働き以上に光ったのは…
【J1採点&寸評】清水×神戸|ネルシーニョ・チルドレンが奮起! MOMは決勝点に絡んだレフティに
【山口素弘のJ1順位予想】鹿島を1位に推すのは当然。優良株を手放した新潟、仙台は苦しそう

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ