【J1速報】G大阪が鬼門・日立台で快勝! 長沢はハリル御前試合で2ゴール

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年03月05日

いったんは追いつかれたものの長澤が勝ち越し弾。

立ち上がりの7分に藤春からのクロスを長澤が頭で決める。写真:田中研治

画像を見る

[J1・2節]柏 1-3 G大阪/3月5日(日)/柏

 G大阪が2012年以降、1分け4敗と勝利のなかった鬼門の日立台で、快勝を飾った。

 試合は立ち上がりに動く。7分、倉田秋からのスルーパスに抜け出した藤春廣輝が中央へ鋭いクロスを入れると、これを長沢駿が打点の高いヘッドで突き刺し、G大阪が先制する。

 さらに17分、倉田からのパスを受けたアデミウソンがシュートを放つと、再び長沢がヒールでコースを変え、ゴールネットを揺らす。しかし、これは長沢がオフサイドをとられ、ノーゴールとなった。

 G大阪のテンポの良いパス回しに、柏はなかなかプレスがハマり切らない。31分の武富孝介の決定的なヘディングシュートもGK東口順昭に阻まれるなど、得点には至らず、前半はG大阪のペースで1-0で折り返す。

 後半に入り、まずは柏がチャンスを掴む。47分、CKからこぼれ球を小林祐介が右足の難しいボレーシュートをねじ込む。柏が1-1の同点に追いつく。

 さらに56分には武富のクロスからディエゴ・オリヴェイラがヘディングシュートを放つが、これは東口のビッグセーブに阻まれた。

 すると61分、G大阪は右サイドからの初瀬のクロスに再び長沢が左足のボレーでゴールネットを揺らす。長沢は、この日視察に訪れた日本代表ハリルホジッチ監督の目の前で、2ゴールと大きなアピールに成功した。

 これで再び息を吹き返したG大阪は攻撃の流れを掴み、アデミウソンがカウンターから再三ゴールに迫る。そして72分、アデミウソンがドリブル突破で仕掛けると、相手CBの中谷進之介のエリア内でのファウルを誘いPKを獲得。これをアデミウソン自ら決め、3-1とする。

 その後、柏も反撃に転じるが、G大阪は東口を中心とした堅い守りでこのまま3-1で試合を締めた。G大阪が苦手としていた日立台での勝利で、今季リーグ戦初勝利を飾っている。
【関連記事】
【セルジオ越後】“キング”たる所以を証明し続けるカズ。その称号を受け継ぐ若手が見当たらないのは寂しいね
【G大阪】惨敗に危機感を募らせる倉田。「こういうサッカーは目指していない」
【G大阪】「どこに穴があるのか最後まで分からなかった」。今野が語った敗因とは?
【ACL採点&寸評】G大阪×済州|3バック採用が仇に。守備崩壊のG大阪がホームで大敗
【ACL】G大阪がKリーグ3位に1-4惨敗…攻守ともに歯車がまったく噛み合わず

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ