佐藤寿人――偉大なストライカーが歩んだ道と愛される理由

カテゴリ:Jリーグ

中野和也

2016年12月02日

寿人と広島の蜜月の日々は、永遠のものだと信じられてきた。

優勝した2012年にはMVPと得点王などを受賞した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「寿人は若いふたりへの刺激剤だ」「そのわりには、移籍金が高すぎる」
 
 そんな言葉で揶揄される11番。莫大な移籍金を積んで自分に期待してくれているクラブに対して、重圧は感じていた。だが、その重荷をジャンプ台に変えて飛躍する力もまた、彼の中にはある。それは愛する家族のため、人生を懸けて成功を求めた仙台で成功を収めたように。
 
 9節、小野監督はあえて若いふたりをベンチに下げ、寿人を先発で起用し、2得点で勝利に貢献。だがサポーターはふた桁得点をあげても、寿人をエースとして認めてはいなかった。そんな空気が変わったのは33節の神戸戦。この年2度目のハットトリックを決めた時、サポーターから自然発生的に「君の瞳に恋してる」のチャントが久保竜彦以来3年ぶりにスタジアムを包んだ。この時が、佐藤寿人のエース戴冠式だった。
 
 そこから、広島は佐藤寿人とともに歩むことになる。J2時代も含む12年連続ふた桁得点。J1通算最多得点記録の更新。前人未踏のJ1+J2での200得点達成。ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)史上最多得点記録。2012年にはMVP・得点王・ベストイレブン・フェアプレー個人賞など、あらゆるタイトルを独占。そして3度のリーグ優勝にも大きく貢献した。寿人の幸せは、広島の、そして広島サポーターの幸福と共にあり、それはずっと永遠のものだと信じられてきた。
 
 だが、ここまで綴って、妙に仙台時代と広島時代が重ね合うように見えてきた。
 
 加入当初、仙台ではマルコスや山下芳輝のサブ的な期待感しかなく、「どうせ1年で市原に戻るのでは」という意地悪な見方もあった。それは、2005年の移籍当初の広島の空気とも符合する。
 
 2007年、広島が降格した時、サポーターに向かって「1年で戻ろう」と叫んだその姿も、仙台での降格時に似ていた。違うのはその後のこと。仙台は寿人とともに戻れなかったが、広島は寿人の28得点をJ1復帰に繋げられたということ。
 
 仙台での寿人は間違いなくアイドルであり、ヒーロー。広島での寿人もまた、同様の立場でクラブの顔となった。そして移籍の時。仙台でも広島でも「これほど悩んだことはない」。だが結果として「プロである自分がどうあるべきか」をベースに、新しい環境にチャレンジすることを選んだ。そしてそのチャレンジをサポーターも認め、「いつかは戻ってきてほしい」と願った。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ