佐藤寿人――偉大なストライカーが歩んだ道と愛される理由

カテゴリ:Jリーグ

中野和也

2016年12月02日

広島などJ1クラブのオファーをすべて断ってベガルタに懸けた。

20得点というゴールラッシュを見せながら、仙台をJ1に戻すことはできなかった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

「8割方のひとはJ1でプレーしたほうがいいと言っていたけれど、僕の気持ちは変わらなかった。降格で仙台の人々を失望させてしまったことは、僕らの責任。あれほど素晴らしいサポーターが存在するチームは、J1にいないといけないんです」
 
 当時に示した青雲の想いを証明するかのように、寿人は翌年、仙台へと完全移籍。広島などJ1クラブのオファーをすべて断ってベガルタに懸けた。翌年のアテネ五輪出場を考えれば、J2でプレーすることは不利。実際、彼は五輪代表からは落選した。しかし、それは覚悟の上。この決断に、仙台サポーターは熱狂。彼は単独でラジオ番組のレギュラーとなるほど、圧倒的な支持を集めた。
 
 J1で9点をとった若きストライカーであれば、オファーは当然。それより何より、寿人の所有権は当時、ジェフ市原に存在した。イビチャ・オシムが監督に就任し、チームは優勝争いの主役を演じた。戻りたいと彼が熱望すれば、望みは叶えられたはずである。
 
 それでも彼は仙台残留を望み、退路を断つために完全移籍を望んだ。その想いを市原は尊重し、少年の頃から育てた逸材を仙台へと送り出したのだ。
 
 翌年、寿人は20得点というゴールラッシュを見せながら、仙台をJ1に戻すことはできなかった。アディショナルタイムで2点を叩き込み、圧巻の強さを見せつけていた川崎と引き分けに持ちこむなど、驚異的な働きを見せたにも関わらず、だ。
 
 それでも彼は、仙台に残る。そう思われていた。だが当時の彼を取材していた記者のなかには「彼のキャリアを考えた時、これ以上J2に縛り付けておくわけにはいかないのではないか」と思う人もいた。
 
 その思いは現実となり、佐藤寿人は広島への移籍を決断する。2年連続のオファー。クラブ史上最高額と言っていい満額の移籍金。広島の熱意は、彼の胸の奥に眠らせていたはずの「J1でプレーしたい。もっと上手くなりたい」という気持ちに火をつけた。プロとしての向上心や成長への想いは、仙台への強い愛着を上回った。
 
「一時の感情に左右されるのではなく、サッカー選手として、プロ選手として、どうあるべきか。どうありたいのか」
 
 その自問自答の結果だった。
 
【関連記事】
「名古屋はクラブとして良い方向に変わるべき時。その手助けになりたい」佐藤寿人 移籍会見&囲み取材全文
大量10選手を戦力外、名古屋の大胆な人員刷新は成功するのか
泣くことすらできない病… 森﨑浩司の凄絶なサッカー人生に恩師ミシャはどう寄り添ったのか?
【セルジオ越後】川崎には「勝つ文化」がない。鹿島とは対照的だったね
チャーター機墜落事故で帰らぬ人となった元柏のクレーベルが残したラストメッセージ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ