• トップ
  • ニュース一覧
  • 【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「指揮官を悩ます“トップ下問題”の裏側にあるものとは?」

【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「指揮官を悩ます“トップ下問題”の裏側にあるものとは?」

カテゴリ:メガクラブ

マルコ・パソット

2015年09月30日

4-3-3変更はオーナーが認めない限りありない。

昨シーズンはチーム最多の16ゴールを挙げたメネーズ。6月に椎間板ヘルニアを手術して一度は復帰するも、開幕前に再び症状が悪化して戦線離脱。トップ下のレギュラーとして見込んでいたミハイロビッチ監督としては、小さくない誤算だろう。(C)Getty Images

画像を見る

 多くのミラニスタは、ここ数週間である疑問を持ち始めている。
 
「大きな問題を抱えるトレクァルティスタを、この夏になぜ補強をしなかったのか?」
 
 その答は簡単だ。ミハイロビッチ監督の構想の中でトップ下のレギュラーは、ジェレミー・メネーズだったのだ。実際、6月にメスを入れた椎間板ヘルニアの回復が遅れているフランス人アタッカーの不在を、指揮官は事あるごとに嘆いている。
 
 しかし、現時点ではメネーズの復帰時期は不透明。彼に大きな期待を寄せていたミハイロビッチ監督は、小さくない焦りを感じていることだろう。
 
 トレクァルティスタ問題の一番手っ取り早い解決方法は、システムの変更だ。例えば4-3-3にすれば、人選に頭を悩ませる必要はなくなる。前線はメネーズとエムバイ・ニアングが故障離脱中の現在においても、左がバロテッリかルイス・アドリアーノ、中央がカルロス・バッカかバロテッリかL・アドリアーノ、右がルイス・アドリアーノか本田かアレッシオ・チェルチと人的リソースは十分にあり、複数の組み合わせが試せる。
 
 ただ、ミハイロビッチがプレシーズンから一貫して使っている4-3-1-2は、ベルルスコーニ・オーナーたっての希望で導入したシステムだ。その絶対君主に黙って棚上げすれば、小さくない軋轢が生まれるのは間違いない。少なくともオーナーが承諾しない限りは、この解決策は使えないだろう……。
 
文:マルコ・パソット(ガゼッタ・デッロ・スポルト紙)
協力・翻訳:利根川晶子
 
[著者プロフィール]
Marco PASOTTO / Gazzetta dello Sport
マルコ・パソット
1972年2月20日、トリノ生まれ。95年から『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙で執筆活動。2002年から8年間ウディネーゼを追い、10年より番記者としてミランに密着。ミランとともにある人生を送っている。
【関連記事】
本田外しも効果なし!? ジェノアのプレッシャーに負けたミラン
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「過去50試合と同じ出来では、明るい未来はない・・・」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ミラン再浮上に必要なのは“真面目な本田”よりも強烈な個性か」
【CLポイント解説】バルサを苦しめたレバークーゼンの「ハイプレッシャー」
【セリエA現地レポート】15年ぶりの首位! フィオレンティーナ躍進を演出したP・ソウザ新監督の手腕とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ