【CLポイント解説】バルサを苦しめたレバークーゼンの「ハイプレッシャー」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年09月30日

前半だけで6キロ超が4選手。文字通り「体力」で前回王者に対抗する。

■ポイント1
レバークーゼンのハイプレッシャーが機能
 
 キックオフからレバークーゼンは、持ち前のアグレッシブなハイプレッシャーを慣行。4-4-2の陣形をコンパクトに保ち、敵ボールホルダーをほぼ常に2、3人で囲んでバルセロナのポゼッションを遮断した。
 
 特徴的だったのは、敵ボールホルダーを前後左右からチェイスする“圧縮のプレス”だ。とりわけ、両CBのジェラール・ピケとハビエル・マスチェラーノ、アンカーのセルヒオ・ブスケッツの3人に対するプレスがハマる。敵陣からセンターサークル付近でボール奪取に成功し、そこから鋭いカウンターに繋げるシーンを序盤から何度も見せた。
 
 そして22分、ハカン・チャルハノールの見事なコーナーキックをキリアコス・パパドプーロスが頭でスラしてゴール。先制に成功する。
 
 レバークーゼンは前半だけで走行距離6キロ超が、なんと4人(ラース・ベンダー、クリストフ・クラマー、ケビン・カンプル、カリム・ベララビ)。文字通り「体力」で、前回王者バルサと互角以上の戦いを演じたのだ。
 
 前半からほぼフルスロットだっただけに、後半はやはりインテンシティーがやや落ちたが、55分にハビエル・エルナンデスをシュテファン・キースリンクに、66分にベララビをユリアン・ブラントに代えて前線をテコ入れ。これで何とかハイプレッシャーを保ったレバークーゼンは、80分まで大金星の可能性を残した。

22分、チャルハノールの正確で鋭いキックをパパドプーロスが頭でスラし、レバークーゼンが先制した。(C)Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ