【J1採点&寸評】鹿島3-0FC東京|三竿は役割を高いレベルで実践。永井は不完全燃焼のまま交代

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月10日

FC東京――守備時の強度が今ひとつだった青木

【警告】なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】町田浩樹(鹿島)

画像を見る

[J1第13節]鹿島3-0FC東京/5月9日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
FC東京 5
後半はやや持ち直したものの、攻守ともに一体感に欠けていた。不振脱出の手がかりも見えないまま、5連敗にあえぐ。

【FC東京|採点・寸評】
GK
13 波多野豪 5
警戒していたはずのセットプレーから先制点を奪われる。勇気をもって飛び出しながら、鼻先でボールに触られた事実は悔やんでも悔やみきれないだろう。

DF
25 蓮川壮大 6
前半は右SB、後半は3バックの左でプレーした。54分、一瞬にして生まれたピンチに対応した必死のカバーリングなど、あきらめない姿勢が伝わってきた。

DF
3 森重真人 6
試合終了間際、相手FW上田のシュートに対して身を挺してブロック。最後まで戦う姿勢を崩さなかったが、よもやの5連敗に表情もさえない。
 
DF
32 ジョアン・オマリ 5(HT OUT)
「チームの中で、一番空中戦に強い選手をつけていた」と長谷川監督からの信頼は厚かった。だが、マークしていたはずの相手に先制ヘッドを許してしまい、天を仰いだ。

DF
6 小川諒也 6
システム変更に伴い、後半から左アウトサイドにポジションを変えた。その狙いが最も良い形で表われたのが71分。カウンター攻撃の流れから左サイドで起点となり、ゴール前に際どいクロスを送った。

MF
2 アルトゥール・シルバ 5.5(75分OUT)
チームのために足を止めずによく動いた。だが、成果として表われず、労多く、やるせない思いを募らせていたように映る。

MF
21 青木拓矢 5.5
ボールを動かす力は安定していたが、守備に回った時の強度が今ひとつ足りず、相手の勢いを食い止めきれなかった。
 
【関連記事】
松村優太よ、どこへ行く――鹿島20歳MF、J1初弾で“迷走”?「焦ったというか、テンパるというか…」
「得点はやっぱり決めたい」“上手さ”より“怖さ”が増している鹿島・荒木遼太郎のゴールに期待
「距離感がマジでノイアー」鹿島GK沖悠哉のスーパーセーブ3連発に反響続々。「なんでアレ止められんの?」
泥沼5連敗のFC東京に何が起こっているのか。小川諒也は「11人の意思が揃っていない」と懸念
【戦評】最高だった横浜と最悪に近かったFC東京。J・オマリのプレーにはひと言で失望した

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ