松村優太よ、どこへ行く――鹿島20歳MF、J1初弾で“迷走”?「焦ったというか、テンパるというか…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月09日

「“あ、入った!”と思って、いつの間にかテンパって走っていました」

バックスタンドに向かって歓喜のラン。待望のJ1初弾を決めた松村。7試合ぶりの先発起用に見事に応えてみせた。写真:徳原隆元

画像を見る

 鮮やかな一撃だった。鹿島の高卒2年目のMF松村優太は、5月9日に行なわれたホームでのFC東京戦で、嬉しいJ1初ゴールをマークした。

 1-0で迎えた45分、ペナルティエリアのやや右寄りの位置で、「目が合った」という永戸勝也からのパスを受ける。目の前には敵がいたが、構わず右足を思い切り振り抜く。ボールは相手の股の間を取って、逆サイドのポストに当たってゴールに吸い込まれた。

 松村はこれまでルヴァンカップでゴールを決めたことはあったが、Jリーグではこれが初得点。得点後はバックスタンドに向かって歓喜のラン。試合後に報道陣からその理由を問われると、20歳のアタッカーは次のように述べた。

「理由はなくて、本当にもうなんか、リーグ初ゴールでしたし、点を決めて焦ったというか、テンパるというか、わけが分からないところに走っていて。“あ、入った!”と思って、いつの間にかテンパって走っていました」
 
 この日は7試合ぶりの先発出場を果たした松村は、指揮官の期待に見事に応えてみせた。待望のJ1初弾をきっかけに、ゴール量産となるか。次はまた違ったゴールセレブレーションにも期待したい。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【動画】右足一閃! 鹿島・松村優太、待望のJ1初ゴール!

【J1第13節PHOTO】鹿島 3-0 FC東京|強い鹿島が戻ってきた。攻守に渡ってFC東京を圧倒
 
【関連記事】
町田、松村、上田の3発で鹿島が3-0完勝。相馬体制いまだ負けなし! FC東京は泥沼の5連敗…
「得点はやっぱり決めたい」“上手さ”より“怖さ”が増している鹿島・荒木遼太郎のゴールに期待
立派な“あごヒゲ”もひとつの武器? 鹿島新助っ人アルトゥール・カイキのトレードマークにまつわる秘話
「距離感がマジでノイアー」鹿島GK沖悠哉のスーパーセーブ3連発に反響続々。「なんでアレ止められんの?」
「これは高校生じゃ止められない」内田篤人が“鹿島加入初日”の大迫勇也から受けた衝撃を語る!「プロに入ったら難しいって思ってたけど…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ