【J1採点&寸評】鹿島3-0FC東京|三竿は役割を高いレベルで実践。永井は不完全燃焼のまま交代

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月10日

鹿島――町田はチーム最多タイの4得点目

【警告】なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】町田浩樹(鹿島)

画像を見る

[J1第13節]鹿島3-0FC東京/5月9日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
混迷を深める一方のFC東京が相手だったとはいえ、まったく危なげなかった。今季初のリーグ2連勝。遅ればせながら、ジワリジワリと順位を上げてきた。

【鹿島|採点・寸評】
GK
31 沖 悠哉 6
被シュートは2本と、ほぼピンチらしいピンチはなかった。一番の見せ場は62分、相手FKを直接キャッチするやいなや、前線のスペースに走り込む松村に素早く合わせた超ロングフィードか。

DF
32 常本佳吾 6.5
ワンフェイクからのカットインシュートあり、相手を慌てさせる高速クロスあり。守っても対面の相手に決定的な仕事をさせず、自身のサイドで主導権を握った。

DF
39 犬飼智也 6
バックヘッドで得点の香りを漂わせたり、近距離シュートを放ったり、この日は本職の守備より攻撃で沸かせた。
 
MAN OF THE MATCH
DF
28 町田浩樹 6.5
左CKのキッカーが同じく荒木ならば、相手GKの手前で先にボールを捉えたヘディングも同じ。前節でのゴールを彷彿させるホットラインがさく裂し、貴重な先制点を奪った。チーム最多の上田や荒木と並ぶリーグ4点目だ。

DF
14 永戸勝也 6
54分、最前線でフリーだった土居を目がけてピンポイントパス。得点に至らなかったものの、自陣からの一発のパスで決定機を演出した。自慢の左足が一瞬にしてボールに命を吹き込んだ。

MF
20 三竿健斗 6.5
果たすべき役割を高いレベルで実践。90分間を通じて、もうひとりのMOMと言っても過言ではない働きぶりだった。

MF
4 レオ・シルバ 6.5(86分OUT)
先制点の呼び水となる強烈ミドルを打ち込んだ。GKにセーブされたものの、それが左CKに、そして得点につながった。

【動画】鹿島が町田、松村、上田の3発完勝! FC東京戦ハイライト
【関連記事】
松村優太よ、どこへ行く――鹿島20歳MF、J1初弾で“迷走”?「焦ったというか、テンパるというか…」
「得点はやっぱり決めたい」“上手さ”より“怖さ”が増している鹿島・荒木遼太郎のゴールに期待
「距離感がマジでノイアー」鹿島GK沖悠哉のスーパーセーブ3連発に反響続々。「なんでアレ止められんの?」
泥沼5連敗のFC東京に何が起こっているのか。小川諒也は「11人の意思が揃っていない」と懸念
【戦評】最高だった横浜と最悪に近かったFC東京。J・オマリのプレーにはひと言で失望した

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ