【J1採点&寸評】鹿島0-1名古屋|右足の一振りで勝負を決めた稲垣。退場の犬飼は厳しく採点

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月22日

名古屋――ランゲラックは抜群の安定感

【警告】鹿島=小泉(56分)、荒木(63分)、犬飼(66分、82分)、町田(90+2分)、エヴェラウド(90+5分) 名古屋=米本(90+5分)
【退場】鹿島=犬飼(82分)
【MAN OF THE MATCH】稲垣 祥(名古屋)

画像を見る

[J1第6節]鹿島0-1名古屋/3月21日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
名古屋 6.5
クラブ史上初の開幕6連勝だ。「相手にボールを持たせる守備」からのカウンターが冴えわたり、59分にCKの好機を生かし、値千金の一撃を与えた。

【名古屋|採点・寸評】
GK
1 ランゲラック 6.5
判断よく飛び出して、きっちり遠くに弾き返すクロス対応や落ち着いたシュートストップなど、抜群の安定感。

DF
3 丸山祐市 6
「セーフティーファーストを心がけた」の言葉どおり、目の前にきたボールは確実にクリアし、身体を張ってシュートコースを消した。

DF
4 中谷進之介 6.5
代表初選出で気持ちものっていたか、相手が誰であろうと、堂々と渡り合った。その充実ぶりが球際に表われていた。
 
DF
6 宮原和也 6
立ち上がり早々に右サイドを深く侵入。先制後はハーフウェーラインを越える回数もめっきり減ったが、状況を踏まえながらのプレーに徹した。

DF
吉田 豊 6
対面の松村にスピード勝負で泡を食ったものの、時間の経過とともに持ち味を消しにかかった。53分、中央を割られそうなシーンも上手く身体を寄せた。

MF
2 米本拓司 6.5
まさに泥臭さの権化。たとえ自分のところでボールを奪えなくても、しつこく襲いかかり、相手の攻撃をスローダウンさせた。

MAN OF THE MATCH
MF
15 稲垣 祥 7
「大好物」と嬉々として語っていたが、CKからのこぼれ球を逃さず、右足を一振り。勝利のシナリオを完結させた、この日の殊勲者だ。
 
【関連記事】
“想定内”から“予定調和”の勝ちっぷり。開幕5連勝の名古屋、盤石の強さは偶然ではなく必然だ
名古屋の守備は何が凄いのか? C大阪から加入した木本恭生が神戸戦初先発で実感したことは…
「開幕から引き続き、起きている問題が…」鹿島の指揮官ザーゴが強調した修正点は?
「クボへのファウルは明確だ」久保建英も抗議した“PKなし”シーンにヘタフェ指揮官が怒り! 敵将は「シミュレーションをするな」
「日本で最も忘れられない経験をした」イタリア審判協会会長、Jリーグで笛を吹いた過去を回想

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ