「日本で最も忘れられない経験をした」イタリア審判協会会長、Jリーグで笛を吹いた過去を回想

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年03月21日

「2年以内には可能だと思いたい」と語った“夢”は?

イタリア・サッカー界における、審判を巡る改善点に言及したトレンタランジェ氏。(C)Getty Images

画像を見る

 結果を重視する傾向が強いイタリア・サッカー界では、審判の重圧も大きい。メディアは判定を細かく分析し、それを受けてサポーターも審判を批評する。そんなイタリア出身の審判は、日本での経験をどう感じたのだろうか。

『TUTTOmercatoWEB』のインタビューで話してくれたのが、2月にイタリア審判協会の会長に就任したアルフレード・トレンタランジェ氏だ。かつて、Jリーグ初期の日本で笛を吹いた経験を持つ。

 日本では審判団に対する敬意が強いか問われると、トレンタランジェ氏は「人生で最も忘れられない経験のひとつだった」と答えている。

「スタジアムは母親や子どもたちでいっぱいだった。サッカー界が日本人をこのスポーツのファンにしようと望んでいたからだ。素晴らしいポジティブさの模範だった。今は少し変わったと思うがね」

 かつてはウルトラスと呼ばれる熱狂的サポーターの一部が暴徒化することもあったイタリア・サッカー界だけに、プロリーグ創設当初から安全にスタジアムで試合を観戦する環境にあった日本での経験は、同氏にとって新鮮だったようだ。
 
 そのうえで彼は、「我々はコミュニケーションを変えようとしなければいけない」と、イタリア・サッカー界における審判を巡る改善点にも言及している。

「それぞれが自分だけで問題を解決しようと考えるのは強欲だ。個からチームプレーにならないと」

 審判の世界も進化している。遅まきながら女性審判が登場してきたのもそのひとつだ。トレンタランジェ氏はセリエAでの女性主審誕生は「夢だ」とし、「本当にあとわずかだと、2年以内には可能だと思いたい」と、見解を示した。

 サッカーに欠かせない要素のひとつである審判たちも、常にサッカーの向上のために何ができるかを考えている。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【特集PHOTO】メッシや香川も遭遇!?世界の“お騒がせな”サポーターギャラリー!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ