「開幕から引き続き、起きている問題が…」鹿島の指揮官ザーゴが強調した修正点は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月21日

「奪い返したボールを簡単に失ってしまう」

名古屋に0-1の敗戦。ザーゴ監督は守から攻へのトランジションに問題があると語る。写真:滝川敏之

画像を見る

 ホームに名古屋グランパスを迎えた一戦、鹿島アントラーズは0-1の完封負けを喫した。59分、相手のCKでこぼれ球に反応した稲垣祥にミドルを決められて失点。その後の反撃もむなしく、手痛い黒星となった。

 前節のアビスパ福岡戦にも敗れており、これで今季初の連敗。開幕から5試合を消化し、1勝1分3敗で勝点4。15位と下位に低迷している。

 試合後の会見で、ザーゴ監督は試合を次のように振り返る。

「拮抗した試合だったと思う。ディテールのところで試合が決まってくる。こぼれ球に対応した選手が決めたが、ただそのCKになる過程が問題だった。特にチームとして改善しなければならないのは守から攻へのトランジションで、すぐボールを失ってしまうところ。パスミスなどがあり、(失点につながる)CKを与えてしまった。それがなければ0-0が妥当な結果になっていたかもしれないが、結果として痛い敗戦となった」

 堅守を誇る名古屋を相手にノーゴール。攻撃面について「縦への意識を持って、サイドのアタッカーのスピードを生かす部分は良かった」と一定の評価を与える。だが「前半はファイナルサードの手前まで行けたが、そこから先で活性化できなかった」。またエースのエヴェラウドに関しては「もう少しボックス内にいてほしい。サイドに流れることが多く、そこは改善しなければならない」と問題点を挙げる。

 指揮官が繰り返し言及したのが、守備から攻撃への切り替えだ。
 
「チーム全体として、開幕から引き続き、起きている問題がトランジションで、奪い返したボールを簡単に失ってしまう。今日の試合でも何度も起きていた」

 いかにボールを大事につなぎながら、攻撃を組み立てていくか。不安定なビルドアップは早急に修正しなければならない。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【J1第6節PHOTO】鹿島 0-1 名古屋|稲垣のミドルで名古屋が開幕6連勝を飾る

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
【関連記事】
「サントスに残りたいと思っていたが…」鹿島新加入ピトゥカが語る移籍の本音
鹿島が和泉竜司と土居聖真の負傷離脱を発表。それぞれの治療期間は…
鹿島生え抜きの町田と沖が揃ってU-24代表へ!二人が語る五輪への想いと“チーム愛”
「俺は間違ってない」鹿島入りも噂される“ガビゴール”が衝撃逮捕で呆れた弁明。ブラジル国内屈指のスターが違法カジノのテーブルの下に隠れ…【現地発】
「筋トレしないと運転できない!」神様ジーコが40年間も乗り続ける“セリカ”との秘話に英感動!「走行距離は驚きの…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ