【J1採点&寸評】鹿島0-1名古屋|右足の一振りで勝負を決めた稲垣。退場の犬飼は厳しく採点

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月22日

鹿島――エヴェラウドはイライラが募り…

リーグ初先発に燃えた松村。惜しいシュートを放つなど奮闘した。写真:徳原隆元

画像を見る

MF
7 ファン・アラーノ 5(68分OUT)
引いた相手に対して工夫をこらそうとする姿勢は見えた。だが、トップ下のパフォーマンスとしては物足りなかった。

MF
13 荒木遼太郎 5.5(68分OUT)
精巧な守備ブロックを前に、なかなか潜り込めず。ムービングフットボーラーの本領発揮とはいかなかった。

MF
27 松村優太 6(68分OUT)
自慢の走力を生かし、クロスに持ち込んだり、グラウンダーの鋭いシュートを放つなど、リーグ初先発に燃えた。

FW
9 エヴェラウド 5
コンディションは確かに戻りつつあるが、ゴールが遠かった。イライラが募ってしまったのか、冷静さを欠くプレーが散見された。
 
途中出場
MF
25 遠藤 康 5.5(68分IN)
三竿に代わってキャプテンマークを巻いた。攻撃を活性化すべく、主に右サイドでプレーしたが、思うような成果は上げられなかった。

MF
41 白崎凌兵 5.5(68分IN)
1点を追いかける展開のなかで投入されたものの、“これ”といったチャンスを作り出せず、表情も硬かった。

MF
6 永木亮太 6(68分IN)
後方からボールを供給し、逆襲対策にも目を光らせた。CB犬飼の退場後はディフェンスラインに入って急場をしのいだ。

FW
18 上田綺世 6(68分IN)
怪我からの復帰戦だったが、ピッチに入った直後、相手に囲まれながらも右サイドをドリブルでグイグイと持ち込み、右CKを得た。

DF
14 永戸勝也 ―(81分IN)
杉岡に代わって、そのまま左SBに入った。プレー時間が短く、劇的な変化をもたらすまでには至らなかった。

監督
ザーゴ 5
試合前に「我慢比べ」と語っていたが、最も我慢がきかなかったのは監督かもしれない。一気の4枚替えもその意図が不明瞭だったのではないか。
 
【関連記事】
“想定内”から“予定調和”の勝ちっぷり。開幕5連勝の名古屋、盤石の強さは偶然ではなく必然だ
名古屋の守備は何が凄いのか? C大阪から加入した木本恭生が神戸戦初先発で実感したことは…
「開幕から引き続き、起きている問題が…」鹿島の指揮官ザーゴが強調した修正点は?
「クボへのファウルは明確だ」久保建英も抗議した“PKなし”シーンにヘタフェ指揮官が怒り! 敵将は「シミュレーションをするな」
「日本で最も忘れられない経験をした」イタリア審判協会会長、Jリーグで笛を吹いた過去を回想

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ