【安永聡太郎】CLでスペイン勢の躍進はしばらく見られない? 一方、ラ・リーガは“カオス”になる

カテゴリ:連載・コラム

木之下潤

2020年09月14日

ラ・リーガの一押しクラブは?

故障もあり移籍1年目は不甲斐ない成績に終わったアザール。(C) Getty Images

画像を見る

 ちょっとCLの話題から離れてしまったね。

 リーガ好きとしてやっぱりスペイン勢のことを語っておかないと。来シーズン、というかしばらく、リーガ勢の躍進はないかもしれない。なんだかんだ言っても、レアル・マドリーかバルセロナが輝かないと。

 マドリーは世代交代の必要がある。バルベルデが頭角を表わしてきて、ウーデゴーを戻して、カゼミーロは変わらずどっしり構えるだろうから中盤は問題ない。中盤は色分けが出てきたけど、ベンゼマのところ(センターフォワード)がね。

 それと、やはりマドリーといえば7番だ。

 否定するつもりはないけど、クラブはあの年齢(昨夏の加入時は28歳)のアザールを引っ張ってきた。だけど、昨シーズンはケガがちで、期待したような働きができなかった。「7番」の前任者たちがクリスチアーノ・ロナウドら錚々たるメンバーだから、まずは結果がほしいところだよね。7番って重みがある存在だけど、クラブも他の選手にも着させたりしてマドリーのファンにしてみてら「意味わかんねーよ」みたいな感じもあるはず。

 マドリーは両ウイング、センターフォワードを考えると、バイエルン・ミュンヘンやパリ・サンジェルマン、そしてイングランド勢に比べると現時点では実績、経験値ともにベンゼマ以外はちょっとレベルが落ちる。バルサに至ってはもう現時点でお手上げじゃないの。
 
 そういう意味で、ラ・リーガについて言うと、新シーズンはある種「平等」にどのクラブにも優勝のチャンスがあると思う。カオス状態を楽しむ感じだよね。特に上位に位置するクラブは。

「優勝争いが混沌とする」という意味では、中位クラブの戦術的なアプローチはカギを握るだろうから、そこはおもしろいところだよね。もちろん久保建英、岡崎慎司を筆頭に日本人選手の活躍には期待したいよ。

 あと、もう一つ注目なのは奇跡的な昇格を果たしたクラブ「エルチェ」だ。

 2部の6位からの昇格なんだよね。プレーオフの準決勝では、香川真司がいるサラゴサ戦を相手に1試合目の終盤にゴールを決めてるし、決勝も深い時間に劇的なゴールを奪っている。実は、このクラブは前回2部に降格したとき、13位くらいで1部に残留できたはずなのに、財政難で落ちたんだよね。

 そのおかげで、18位で降格するはずだったエイバルが残留して、その後に乾貴士を獲得して現在に至る。そういう背景を持っているエルチェが再び上がってきた。40歳のフォワードのニノも注目だし、ぜひ楽しみにしてほしいと思う。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ