「世界よ、これを見よ」岡崎慎司を起点に“メッシの天敵”が決めた鮮やかな連係弾を現地メディアが絶賛!「途方もないゴールだ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月14日

42分に生まれた先制ゴール

岡崎が絡んでマッフェオ(中央)が決めた先制弾が話題に。(C) Rafa HUERTA

画像を見る

 現地時間9月13日に開催されたラ・リーガ開幕節、久保建英が加入したビジャレアルと、岡崎慎司を擁する“昇格組”ウエスカの一戦は、1対1のドローに終わった。

 リーガ1部では初めて2人の日本人選手が同時にピッチに立つ“直接対決”が実現したこの試合で、もっとも話題を集めているのが42分に生まれたウエスカの先制点だ。

 ハビ・ガランの縦パスを受けた岡崎が敵に囲まれながらも巧みにキープし、左サイドのファン・カルロスへパス。21番はダビド・フェレイロに当て、ヒールパスのリターンを受けると、右サイドに展開する。そして、駆け上がってきた右SBのパブロ・マッフェオがカットインから左足を振り抜き、鮮やかにネットを揺らした。
 
 スペイン全国紙『As』はこの流れるような連係から生まれた一撃を絶賛。「世界はこれを見なければならない」と綴り、「なんという途方もないゴールだ。ボールの運び方が完璧だった」と称えた。

 マッフェオといえば、マンチェスター・シティからジローナ(当時1部)にレンタルされていた17年9月のバルセロナ戦で、敵のエースであるリオネル・メッシを執拗なマンマークで抑え込んだことで、評価が急上昇。あまりのしつこさに、メッシが「今日は君がずっとマークしてくるんだな」「シティからのレンタルなの?」と試合中に話しかけたことでも話題となった。

 その後に移籍したシュツットガルトでは期待に応えられず、昨シーズンのジローナ(2部)に続いて今月8日にウエスカへのローンが決まった23歳が、加入6日でいきなり鮮烈なインパクトを残してみせた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】岡崎が巧みなターンで起点となったウエスカの鮮やか美弾はこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ