【安永聡太郎】バルサはキケ・セティエン体制でCLを獲れるのか?戴冠には「メッシ+10人」の戦術的解決法が必要だ

カテゴリ:連載・コラム

木之下潤

2020年07月05日

ベティス時代と同じイメージで採った戦術が…

レバンテ戦ではファティ(右)とジョルディ(左)を左サイドに並べたが、機能不全に陥った。(C) Getty Images

画像を見る

 実は、ベティス時代も基本フォーメーションが最終的に「3-1-4-2」に落ち着き、守備時は「5-3-2」の可変システムでうまくいった経緯があります。たぶん、それに近いイメージをしていたはずです。この戦術だと、バルサのサイドに求められる大きな仕事は「一人でも相手をはがせる」「一人でもボールを前進させられる」ことです。

 つまり、ボールを持てるウイングとしての機能もサイドの選手には大きな役割になってきます。

 ただ、左のジョルディは後ろからタイミングよく最終ラインの背後に走り込む選手。前にスペースがあり、さらに周囲に生かされてこそ力を発揮する選手です。左ウイングとして起用した場合、彼の個性はなかなか生きませんでした。一方で、逆サイドにいた右ウイングのファティはある程度機能していました。でも、本来は左サイドの選手なので、最大限に個性が生きるのは左のウイングです。

 そこで4試合目のレバンテ戦では、彼ら二人を左サイドに縦関係で並べました。ちなみに右サイドバックにはネウソン・セメドが入り、攻撃時にはツーセンターバックの間にピボのブスケッツが下がる形の「3-4-2-1」のシステムでした。
 
 きっとキケ・セティエンの中ではうまくいくイメージを持っていたはずです。しかし、結果的にジョルディとアンスのコンビネーションは散々でした。左ウイングのファティが左サイドの前線で張った状態が多いため、後方のジョルディが走り込むスペースが生まれにくい状況になってしまいました。ジョルディはバランスを取って後ろでボールをさばく、手持ち無沙汰の状態が続きました。

 ファティがもっとタイミングよく立ち位置をフリーレーン、中央レーンへと移動すれば、ジョルディが後ろから狙うスペースが空くのですが、この急造コンビですからキケ・セティエンが思うほどの補完性は生まれませんでした。二人とも「ここぞ!」という場面でボールがほしいエリアがかぶったりして相性が良くありませんでしたが、試合自体はメッシの2アシストからファティが2ゴールを奪って勝利しました。

 ポジショナルプレーの戦い方としては「幅と深さを使う」ことは生命線ですから、キケ・セティエンの監督就任後の序盤戦は基本システムも、選手の組み合わせとシステムへのはめ込みも仕方ないことですが、「うまくいっていないな」という印象の試合が多かったですね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ