【安永聡太郎】バルサはキケ・セティエン体制でCLを獲れるのか?戴冠には「メッシ+10人」の戦術的解決法が必要だ

カテゴリ:連載・コラム

木之下潤

2020年07月05日

基本システムと選手の組み合わせが見出せない

CLを獲るには「メッシ問題」の解決が必要。安永氏はそう指摘する。(C) Getty Images

画像を見る

 では、僕が「キケ・セティエンではCLを獲れない」と考えるはなぜか?

 その理由は大きく二つあります。一つは、まだ彼がチームの方向性としてベストの形を見出せていないこと。もう一つは「メッシ問題」を彼だけでは解決することができないことです。後者の「メッシ問題」については、前回のコラムで紹介しました。

CL優勝を見据えるバルサが直面する「メッシ問題」。戦術をとるのか、エースをとるのか――

 今回のコラムでは、チームの方向性について戦術的に解説したいと思います。

 ベティス時代、キケ・セティエンはチームにポジショナルなプレーを求めていました。ある程度、各ポジションに制限をかけ、役割と責任を明確にすることでボールポゼション率を高めたサッカーを志向していました。

 しかし、バルセロナというクラブは選手に制限をかけることが難しいチームです。それはメッシの存在がある上に、監督以上の経験を積んでいる選手がたくさん在籍しているからです。そういう厳しい環境にいるなか、メッシに制限をかけることが難しいのは飲み込まざるをえない。

 そうなると、「メッシ以外の他の10人でどうポジショナルなプレーを実践するか」という解決をするしかありません。

 この自粛期間中、キケ・セティエンが就任してからのリーグ戦をすべて見直してみました。結論からいうと就任一戦目、ホームのグラナダ戦からずっと手探り状態が続いています。ベターな基本システムとメッシの活用術にはたどり着いたけど、彼の手応えとしては「まだベストが見出せていない」と、僕は感じています。

 初戦、キケ・セティエンは基本システムを「4-3-3」にしました。そこからボールを保持し、サリーダ・デ・バロン(直訳は「ボールの出口」。ビルドアップに似た言葉で、攻撃の始まりを表わすスペイン特有の表現)を行なうときには、ツーセンターバックのジェラール・ピケとサミュエル・ウンティティと右サイドバックのセルジ・ロベルトとで可変の3バックになります。

 そして、セルヒオ・ブスケッツがピボとしてボールの出しどころになりながらイバン・ラキティッチとアルトゥーロ・ビダルがダブル・インテリール(インサイドハーフ)を務め、その前にメッシとアントワーヌ・グリエーズマンが2トップを組むような可変の「3-1-4-2」になりました。

 この試合はジョルディ・アルバとアンス・ファティの両サイドが幅を作り、指揮官の頭の中では「サイドで違いを生めるウイング」のような役割を求めていたのだと思います。だから、上下動ができる選手としてもこの二人に期待して起用しました。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ