【U-20激闘譜】合言葉は「史上初めてアジアを突破する年代になるんだ!」95年世代の生き証人・安永聡太郎が語る達成感と挫折

カテゴリ:連載・コラム

元川悦子

2020年06月20日

「異次元の世界」に映ったスペインの凄さ。「7~8割ボールを保持され…」

スペイン戦では、多くの時間でボールを支配され「異次元の世界」だったという。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 95年ワールドユースは4月。当初はナイジェリアで開催される予定だったが、衛生面などの問題で不可能となり、カタールで代替開催される運びとなった。コアメンバーは不変で、プロ入りしたばかりの安永、中田、松田もクラブで出番を得ていたため、本大会入りできた。が、西澤のように落選を余儀なくされる者もいた。逆に最終予選にいなかった奥や森岡隆三(清水エスパルスでアカデミー・ヘッドオブコーチング)らが招集され、ケガの田中誠(磐田スカウト)に代わって秋葉忠宏(水戸監督)も呼ばれた。最終予選からチーム編成は微妙に変わったが、一体感や結束力は依然として強かったという。

「卓が大学で調子を落として、大介が入れ替わる形で2列目に入ったんです。キャプテンもボランチのクマ(熊谷浩二=鹿島コーチ)に代わった。卓もいいリーダーだったけど、この時のクマはフェアな人柄がプラスに働き、みんなの人望もあったので、個性的な面々をよくまとめていましたね。最後のブラジル戦も正直、負ける気はしなかったし、全員が積極果敢にチャレンジしていた。いいチームだったんじゃないかと思います」

 こう述懐する安永自身も、ブルンジ戦で1点を挙げるなど好調を維持していた。しかし、スペインだけは「異次元の世界」に映った。ラウール・ゴンサレス、デ・ラ・ペーニャ、エチェベリア、サルガドら後のスペイン代表を背負う面々の凄さに度肝を抜かれた。

「結果は1-2だったけど、7~8割ボールを保持され、全く奪えない。取りに行った瞬間にかわされ、ボールに触らせてもらえないんです。あれは過去にない感覚だった。正直、打ちのめされましたね」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ