アジアカップ2015

【日本代表】現役イタリア人監督が敗因分析「本田と香川が遠く離れた4-3-3に疑問」

カテゴリ:日本代表

ロベルト・ロッシ

2015年01月25日

香川が持ち味を最大限に発揮するには、インサイドハーフは…。

本田の右ウイングはともかく、香川のインサイドハーフ起用にロッシ氏は疑問を呈した。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 その観点からすると、本田、香川の2人をともにゴールから遠いところに置く現在の4-3-3システムが、このチームにとって果たしてベストかどうかは疑問だ。
 
 本田は所属するミランでも同じ4-3-3の右ウイングとしてプレーしている。今シーズンはオフ・ザ・ボールで裏のスペースに走り込む動きなど、ウイングとしての新しいレパートリーも身につけつつある。
 
 とはいえ、持ち味を最も発揮するのは、やはり中央に入り込んで前を向いた時だ。ゴールに近いところでプレーしたほうが、より決定的な場面に絡める。この大会でも、そういう形からここまでゴールを挙げてきたわけで、このシステムで戦うならば右ウイングでの起用が最良の落としどころだろう。
 
 それと比べると、香川のインサイドハーフ起用には疑問が残る。この試合でのパフォーマンスは決して悪いものではなかった。
 
 彼はテクニックとダイナミズムを合わせ持ったプレーヤーであり、攻撃的なインサイドハーフとしてプレーすることは十分に可能だ。しかし、最大の持ち味であるペナルティエリア内での突破力、ゴールセンスとシュート力を活かす上では、インサイドハーフはゴールから遠すぎ、かつ守備の負担が大きすぎるポジションだと思う。
 
 4-3-3とは言っても、右ウイングの本田、左ウイングの武藤や乾は、いずれも外を起点に2ライン(MFとDF)間に入り込んでプレーする頻度が高く、純粋なウイングのようにオフ・ザ・ボールで裏に走り込むプレーは少なかった。
 
 それならばむしろ、本田と香川をトップ下に並べた4-3-2-1のほうが、2人の持ち味をより引き出してさらに多くの決定機を作り出し、彼らがフィニッシュにからむ頻度も高められるのではないかと思う。
 
 とはいえ、総合的に見れば、日本が勝って当然という内容の試合だったことに疑いはない。敗因をひとつだけ挙げるとすれば、決定力不足というひと言に尽きる。
 
 決して日本の試合内容が悪かったわけではないし、チームとして目指す方向性も正しいように思われる。ただ、このチームのポテンシャルをさらに引き出す余地がまだ残っているように見えたことも確かだ。
 
分析:ロベルト・ロッシ
取材・構成:片野道郎
 
【ロベルト・ロッシ】1962年3月16日生まれのイタリア人監督。現役時代はMFで、元イタリア代表監督のアリーゴ・サッキや前日本代表監督のアルベルト・ザッケローニに師事。99年に引退し、2001~08年はインテルなどでザッケローニのスタッフ(コーチ兼スカウト)。その後は下部リーグで監督を務め、現在はフリー。
【関連記事】
【日本代表戦術検証】突き詰められなかった守備の形
【セルジオ越後の天国と地獄】ワールドカップから成長がないことがはっきりした
【アジアカップ】金田喜稔が斬る! 「Jリーグ組の危機を感じた」
【日本代表 本誌論評】6月のW杯予選開幕まで時間はない。協会は一刻も早く明確な姿勢を示すべきだ
【日本代表コラム】「自分たちのサッカー」に陥った日本 “無邪気な”UAEを崩せず敗退
【アジアカップ】“新境地”を切り開けなかった香川真司
【アジアカップ】充実感から絶望へ、長谷部誠が抱く悔恨と戸惑い
【アジアカップ】柴崎が放った“希望の光”

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ