アジアカップ2015

【セルジオ越後の天国と地獄】ワールドカップから成長がないことがはっきりした

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年01月24日

PK戦も含めて最後まで“外しまくったね”。

ヨルダン戦では今大会初得点を決め、復調したかに思えた香川だったが、PK戦でまさかの失敗……。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本は準々決勝でPK戦の末にUAEに敗れ、連覇が期待された今回のアジアカップでベスト8に終わった。ディフェンディングチャンピオンとしては、最悪の結果と言えるね。

【マッチレポート|日本 1-1(PK4-5) UAE】

【ゲームPHOTOギャラリー】
 
 アジアカップは準決勝から本当の戦いだと思うんだけど、アギーレジャパンはそこにさえ到達できなかった。グループリーグで3連勝を飾ったとはいえ、韓国も同じ成績だったし、別に日本が特別なことをしたわけではない。本田の3試合連続ゴールはそれなりにニュースにはなったけど、そのうち2点はPKだ。日本が突出して強かったわけではなかったんだ。
 
 UAE戦を振り返れば、日本は今大会、初めて先制された。その後、攻めに攻めまくって多くのチャンスを作ったけど、PK戦も含めて、最後まで“外しまくったね”。でも、それは今に始まったことではない。パレスチナ戦を除けば、グループリーグでも同じようなシーンを何度も目にした気がするのは、僕だけかな。
 
 守りを固めた格下のUAEから1点しか奪えなかったのは、精神的な部分や、コンディションの問題があったと思う。日本のシュートシーンはどこか力が入り過ぎていて、ゆとりがなかった。
 
“精一杯やっています感”が滲み出ていたし、PK戦にしても、UAEのオマール(O・アブドゥラフマン)と日本のエースのキックの質を見れば、メンタル面でのゆとりの違いがはっきりと分かるはずだ。こういう大舞台で、日本人はああいうPKは蹴れないよね。
 
 崩しの場面では、パスを回しているだけ。密集地帯を崩そうとしても、近くにいる相手から圧力がかかったら、どうしようもない状態だった。PKも取れなかったのは、勝負していない証拠。パスを出して、受ける。ただ、それだけだった。
 
 采配面では、ターンオーバーなど選手のコンディショニングも上手くいってなかったようだね。それにしてもアギーレはなぜ、長友の負傷を受けて、柴崎を右SBにコンバートしたのか。たしかに彼は鹿島でも右SBとしてプレーした経験があるようだけど、より適性があったのは、ヴォルフスブルク時代によくこのポジションを務めていた長谷部だったはずだ。
 
 こういう采配を見ても、アギーレがまだ日本の選手の特長を把握しきれていないんじゃないかと疑いたくもなるよ。よりによって、試合の途中から攻撃面で一番、輝いていた柴崎を最終ラインに配置するなんて……。ゲームを作るのは長谷部じゃないよ。
【関連記事】
【日本代表戦術検証】突き詰められなかった守備の形
【日本代表 本誌論評】6月のW杯予選開幕まで時間はない。協会は一刻も早く明確な姿勢を示すべきだ
【アジアカップ】金田喜稔が斬る! 「Jリーグ組の危機を感じた」
【韓国メディアが報じた日本評】UAE戦の敗因を鋭く指摘し、ライバルの脱落に安堵
【日本 対 UAE】サッカーダイジェスト特派の寸評・採点
【日本代表コラム】「自分たちのサッカー」に陥った日本 “無邪気な”UAEを崩せず敗退
【アジアカップ】柴崎が放った“希望の光”
【アジアカップ】“新境地”を切り開けなかった香川真司

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ