アジアカップ2015

【アジアカップ】充実感から絶望へ、長谷部誠が抱く悔恨と戸惑い

カテゴリ:日本代表

寺野典子

2015年01月24日

失点した場面は、確かに集中していなかった。

この日も4-3-3のアンカーで先発し、攻守のバランス役を保ったが、立ち上がりの劣勢をはね返すことはできなかった。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 開始2分、日本のボールロストから、マブフートにペナルティエリア内への侵入を許した。その後もパスミスを繰り返し、セカンドボールを拾えない。相手のエース、O・アブドゥラフマンを長谷部と香川が挟み込んでもドリブル突破を許してしまう。開始早々に乾がシュートを放ったものの、それ以外はUAEのパワーに日本が押されているように見えた。

【マッチレポート|日本1(4PK5)1UAE】

【ゲームPHOTOギャラリー】
 
 そして7分、日本の左サイドが崩される。後方からのフィードにマブフートが反応。森重、吉田が対応するが中途半端となり、あっさりと先制点を許してしまった。
 
 明らかに日本の選手の動きは悪く、ミスが目立った。後半、途中出場の柴崎のゴールで同点に追いつき、追加点を狙ったが、延長の前後半を終えてもそれを手にすることができなかった。
 
 PK戦の末にベスト8で敗退。呆気ない幕切れだった。
 
「この現実は真摯に受け止めなければいけないと思うし、ワールドカップであのような結果に終わって、そして、アジアカップでもこういう結果に終わった。ワールドカップが終わり、このアジアカップで皆さんに期待してもらえるようにと、そういう想いでやっていた。でも、ここで結果が出なかったので、なかなか、次への気持ちというのは……。とにかく今は終わったばかりで、整理がつかないですね」
 
 試合後のミックスゾーンで長谷部は、静かにそう話した。
 
 アギーレ体制での初めての公式戦。第一のテーマは無失点で終えること。そのための攻守の切り替え練習には時間を費やしているようだった。そして、試合の立ち上がりで、相手に脅威を与えるアクションを選手ぞれぞれが意識しているように感じていた。

 得点は奪えずともひとつのチェイシング、球際の激しさが、ゲームの主導権を日本へと傾かせた。しかし、ノックアウト方式の決勝トーナメントで、開始10分未満の早い時間帯で先制を許してしまった。
 
「失点の場面では、ディフェンスラインも集中していなかったし、ボールを出した選手に対してのプレッシャーもまったくなかった。ひとつのミスというか、ミスが重なった。確かに過去の3試合の相手とは、UAEはオフェンスのクオリティが高かった。ただ、あれくらいのクオリティのチームに短い間にチャンスを作られるというのは、まあ、なかなか説明がしづらいですね。
 
 試合の立ち上がりに集中していなかったかと言われたら、そういうこともなかった。選手はみんな決勝トーナメントに入ったら、一発勝負だというのは分かっていましたし。監督も試合に対しての入り方という部分では、しっかり持って行ってくれた。そこに関しては、そんなに問題はなかったと思います。実際、チャンスもありましたし。
 
 ただ、そういうなかで失点場面に関して言えば、確かに集中していなかった。ボールホルダーに行っていなかったし、ディフェンスラインも寝ていた。その原因の説明はなかなかつかないといえば、つかない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ