アジアカップ2015

【日本代表戦術検証】突き詰められなかった守備の形

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2015年01月24日

攻撃では輝きを放った中盤のトライアングル。

攻撃時は一列下りて、3バックの中央でパス回しに参加した長谷部。守備面でも味方を助けたが……。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アジアカップ準々決勝のUAE戦。1-1で迎えたPK戦に敗れ、日本代表はオーストラリアの地を去ることになった。

【ゲームPHOTOギャラリー】
 
 第一の敗因は、星の数ほど作ったチャンスを決め切れなかったこと。そして第二の敗因には、“油断”を指摘したい。
 
 大会前、筆者は吉田麻也にこんな質問を投げかけた。
 
「普段、(エデン・)アザールのような選手に対する守備に比べると、アジアカップでは、もう少しチャレンジのタックルに行けるとか、守備の気持ちの面で変わるところはありますか?」
 
 すると、彼はこう答えた。
 
「まあ、そういう気持ちになりがちですよね。だからこそ、そこは自分を律して、常に高いものを求めてやっていかなきゃいけない。その油断を、特に中東のチームは突いてくると思うので」
 
 この言葉は強く印象に残っている。吉田が表現する“高いもの”とは、なんだろうか? 
 
 おそらくそれは、世界で通用するサッカー、という意味だろう。アジアだから多少のポジショニングのズレも問題にならない、あるいは集中力の欠如もごまかせる、そういうことではない。世界の舞台でも、同じように戦えるクオリティ。それが目指すべき「高いもの」だ。
 
 この視点で考えた時、長谷部誠をアンカーとする中盤の三角形には、グループリーグの時点から不安要素があったと言わざるを得ない。
 
 攻撃については、満足できるものだった。長谷部が一列下りて、3バックに変形することで相手のプレスをかわし、それでもかわし切れなければ、遠藤保仁が、さらには香川真司が相手のFWとMFの間に顔を出して、縦パスを引き出す。
 
 森重真人や吉田が持ち上がって、縦パスを入れる場面では、香川や遠藤が相手ボランチのマークを引き付け、空いたスペースに本田圭佑や乾貴士が中へ絞って入り、縦パスを受ける。こうしたコンビネーションは試合を重ねるたびに、美しさを増した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ