「ホンダが中心だったのは明らか。ここでは珍しい…」本田圭佑のデビュー戦をブラジル人記者はどう見たのか?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リカルド・セティオン

2020年03月17日

本田は交代後に不満げな様子を見せた

 ひとつは本田がこの交代に不満げな様子だったこと。ベンチに座ってゲータレードを一口飲むと、首を振った。もうひとつは本田の去ったピッチを、アウェーチームが支配し始めたことだ。

 前述したように、バング―は格下のチームだ。しかし本田を失ったことで、ボタフォゴは拠り所をなくしてしまった。結局、試合は1-1で終わったが、それは内容に即した妥当な結果だったと思う。

 いずれにしても、本田のデビュー戦は上々だったと言えるだろう。ゴールだけでなく、走ることも、質の高い動きを披露することもでき、早くもチームに欠かせない存在であることを証明してみせた。あとは彼の使い方をよく考えるべきだ。

 サポーターも、チームスタッフも、何より本田の獲得を決めた幹部は大満足だ。新型コロナウイルスの流行で今後のゲームの先行きは不透明ではあるが、本田が試合を重ねるごとにパフォーマンスを上げていくことを楽しみにしたい。

取材・文●リカルド・セティオン
翻訳●利根川晶子
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ