本田圭佑がデビュー戦で見せた「プロフェッショナルな行動」にブラジル人記者が賛辞!「チームをひとつにした」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リカルド・セティオン

2020年03月17日

若いチームメイトたちの手本となっている

PKで初ゴールを決めるなど上々のブラジル・デビューを飾った本田。(C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 3月15日に、本田圭佑は待望のブラジル・デビューを飾った。とりわけ前半のパフォーマンスは素晴らしかった。

 だが、このバングーとの一戦が始まるから、ボタフォゴがこの33歳のベテランMFを獲得したのは英断だったと私は思っていた。彼のサッカーに取り組む真摯な態度、熱心にトレーニングをする姿は、若いチームメイトたちの手本となっているからだ。それだけでも、ボタフォゴはこの“賭け”に勝ったのではないかと思う。

 29分に本田がPKを決めると、新型コロナウイルスも恐れず、皆が駆け寄ってハグをした。GKのロベルト・フェルナンデスでさえ、ゴールから飛び出してきた。
 

 この時、本田はとてもプロフェッショナルな行動を見せた。PKを獲得したFWラファエウ・ナバーロを抱き寄せ、ゴール裏のカメラに向かって彼を称えるポーズをしたのだ。「初ゴールは、こいつのおかげでできたんですよ」と言わんばかりに。

 本田がこうしてチームをひとつにした。

 ボタフォゴはここ数か月苦しんできた。結果が出せず、監督は更迭され、選手はブーイングされた。おまけにクラブの財政状況も火の車だ。

 しかし、新監督のアウトゥオリが的確な指示を出し、本田が自信を取り戻させた。63分間のプレーだったが、彼がこのチームのリーダーであることは、はっきりと見て取れた。

取材・文●リカルド・セティオン
翻訳●利根川晶子

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ