「ホンダが中心だったのは明らか。ここでは珍しい…」本田圭佑のデビュー戦をブラジル人記者はどう見たのか?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リカルド・セティオン

2020年03月17日

28本出したパスのうち24本を成功

ブラジルでのデビュー戦で初ゴールを決めた本田。(C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 デビューまでには紆余曲折があったものの、ついにこの日がやって来た。

 ボタフォゴのサポーターは、本田圭佑のデビューを心待ちにしていた。
「本田はいつプレーするんだ?」最近ではそれがあいさつ代わりだった。

 メディアも待ちわびていた。いったい本田がブラジルでどこまで通用するのか。

 ボタフォゴ幹部もこの日を待っていた。だからこそ懸命の努力で手続きをした。

 もちろん本田自身も、この日が来るのを指折り数えていたことだろう。リオに来てからというもの、カーニバルにも見向きもせずハードな練習をこなしていたのだ。

 そして、かく言う私自身もこの日を楽しみにしていた。日本のサッカーと関わって30年、初めて母国のビッグクラブで日本人選手がプレーするのを目の当たりにできる。

 それにしても……なんという日曜日だったのだろう!

 ブラジルにも少しずつ新型コロナウイルスの脅威が迫ってきている。まだ試合はどうにか行なわれているが、本田のデビューは、無観客となってしまった。本来ならば、熱い声援に包まれてデビューするはずだったのに。「オオォォォォ、ジャポネス チェゴォォォォ!!(おぉ日本人がやって来た!)」と。

 やっとこの時がやって来たというのに、なんという皮肉だろうか。
 
 ただスタンドは空っぽだが、本田の心は熱い気持ちでいっぱいだったように思う。ピッチに向かう“ボタフォゴのサムライ”(リオでは最近そう呼ばれている)の瞳には炎が宿っていた。実際、彼はボールに対してハングリーだった。

 本田はこの日、トップ下でスタメンでプレーした。パウロ・アウトゥオリ監督は、元日本代表MFが入るポジションを作るのは頭痛の種だったようだが、最後にはボランチのルイス・フェルナンデスをベンチに置くことを決めた。そして、本田のスタメン出場のニュースは、無観客で消沈しているブラジル・サッカー界に活気もたらした。

 それにしても、そのパフォーマンスは素晴らしかった。

 ブラジルでは“横”に短いパスを出し、できるだけ時間をかけてゴールに向かっていくのが主流だ。しかし本田は、ここでは珍しい“縦”の動きで攻めた。そして、28本出したパスのうち24本を成功させ、枠内シュートは4本、決定的なスルーパスや卓越したプレービジョンも披露した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ